観光

ローマストリートパークランドはブリスベン最大級の公園!その魅力とは?

投稿日:2018年12月4日 更新日:

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。

Roma Street Parkland(ローマ・ストリート・パークランド)はブリスベン屈指の美しさを誇る公園。すっごく広くて地元民にも観光客にも人気のスポットです。

今回はこんなローマストリートパークの魅力とアクセスについてまとめてみました。

参考ブリスベン観光のおすすめスポット シティー周辺で行ってほしい場所19選

スポンサーリンク

ローマストリートパークランドはこんなとこ

ローマストリート・パークランドはブリスベンシティーからすぐの都会のオアシス。

その広さは東京ドームの3倍以上もあり、アップダウンに富んだ地形を生かしたデザインは見事です。

美しい花畑に、雨林、噴水のある大きな池など見どころがいっぱいで、誰でも使える無料バーベキュー台も完備。

こんな方にはぜひ足を運んでもらいたい公園です。

  • 自然の中をゆったり歩きたい方
  • 植物が好きな方
  • 鳥やウォータードラゴンなどの野生動物に会いたい方
  • 自然の中でバーベキューがしたい方
  • 広い芝生でくつろぎたい方
  • ブリスベンの名所を回りたい方

ちなみに、ササッと歩いて回るなら30分程度、ゆったり写真をとりながら回るなら1〜1時間半程度みておくのがおすすめ。入場料は無料です。

ローマストリートパークランズのセクション紹介

ここからは、パーク内をセクションごとにご紹介します。

エントランス付近

メインエントランスはローマストリート駅からすぐの所にあります。

広い公園なので他にもいくつか入り口がありますが、ここにはインフォメーションセンターやマップがあるので便利です。

ローマストリートパークランド(Roma Street Parklands)

すぐ下には大きな滝もあり、ちょっとした写真スポットです。(下に降りて見る事もできます)

スペクタクル・ガーデン

お花畑セクションは季節の草花が美しい一番人気の場所。インスタなどにもよく登場する写真スポットでもあります。

ブリスベンは冬でも温暖なので通年カラフル。いつ行っても眩しいほどにキラキラです。

※パークランドは24時間開園してますが、このセクションだけは夜明け〜日没頃までの営業なのでご注意を。

ローマストリートパークランド(Roma Street Parklands)

滝や池、小川、ボードウォーク、飛び石など散策を楽しくする仕掛けもたくさん。歩いているだけでワクワクします。

ローマストリートパークランド(Roma Street Parklands)

ローマストリートパークランド(Roma Street Parklands)

小道の作り方もおもしろく、おとぎの世界に入り込んだよう。鳥たちの声を聞きながら明るい森の中を冒険しているような感覚になります。

ローマストリートパークランド(Roma Street Parklands)

小道には野生のウォータードラゴンや七面鳥なども度々登場。(パーク内全体にいる)

特に春から夏にかけてはウォータードラゴンがそこら中にいるので、慣れてないとびっくりします(笑)

日向ぼっこをしている姿や、人の気配に気づいて逃げていく姿がユーモラスなので観察してみて下さい。

ローマストリートパークランド(Roma Street Parklands)

お花畑を上から見下ろすとこんな感じ。この公園は土地の高低差を利用した設計が絶妙です。

ちなみに、お花畑の草花やデザインは季節ごと(年ごとかも)に変わります。

ローマストリートパークランド

パーク内にある大きな池は噴水がシンボル。晴れた日ならいつも虹がかかったように見えるので、写真に収めてみて下さい。

池の周辺には広い芝生のエリアや池を見渡せるデッキなどがあり、ピクニックをするにもピッタリです。

ローマストリートパークランド(Roma Street Parklands)

池の周りには散歩道が張り巡らされているので、ぐる〜っと1周するのもおすすめ。

カモやウォーターヘンなどの水鳥やウォータードラゴンなどに高確率で出くわします。所々に隠れや的スポットもあるのでお見逃しなく。

ローマストリートパークランド(Roma Street Parklands)

バーベキューエリア

バーベキューエリアは正面の大きな滝の裏側にあります。

電気式のバーベキュー台とテーブルセットが用意されているので、食材やトングなどを持ち込むだけでOKです。

バーベキューは無料で予約の必要はなし。早いもの勝ちなので週末は争奪戦です(笑)

中には汚れている台もあるので、鉄板の上に敷けるようにアルミ箔を持っていくと重宝します。

オーストラリアは公園などでアルコールを飲むことは禁止されてますが、ここのバーベキューエリアはアルコールOKです。(10am-8pm)

ローマストリートパークランド(Roma Street Parklands)

レインフォレスト・シダ植物エリア

メインエントランスの反対側にあるレインフォレストエリアはジュラシックパーク的な感じ。清々しい森の匂いを堪能しながら冒険できます。

ローマストリートパークランド(Roma Street Parklands)

日本ではなかなか見ない珍しい木々が育っているので、写真を撮りながら歩くのもおすすめ。

ブリスベン周辺にはたくさんのレインフォレストがあるので、森好きなら周辺の国立公園などにも足を伸ばすのもいいでしょう。

ローマストリートパークランド(Roma Street Parklands)

シティーの眺めを堪能できるエリア

レインフォレスト・シダ植物エリアの隣には、大きな芝生のエリアがあります。

ここは坂になっているのでシティー周辺のビル群がよく見えます。

寝転がって休憩したり、写真を撮るのにおすすめの場所です。

ローマストリートパークランド(Roma Street Parklands)

キッズセクション

写真がないですが、パーク内には子供用のお遊びエリアもあります。

コンパクトなエリアですが、大人でも遊びたくなるようなデザインのジャングルジムやミニガーデンがあり、よく親子連れが遊んでます。

野外劇場エリア

ローマストリートパークランド(Roma Street Parklands)

最後に、野外の劇場エリアです。

ここには坂になった地形を生かして円形劇場が作られています。(よく音楽イベントなどをしています)

周りには広々とした芝生のエリアがあり、開放感にあふれています。

カフェ

ローマストリートパークランド(Roma Street Parklands)

メインエントランスの少し手前には「The Garden Room」というすごくおしゃれなカフェレストランがあります。

緑いっぱいの開放的な空間で、ドリンクやブレックファスト、ランチが楽しめるので寄ってみてもいいかもしれません。

シティーから徒歩や電車でパークランドに行く時はこのカフェの前を通るので、お店の素敵さに足が止まることでしょう。

スポンサーリンク

ローマストリートパークランドのツアーとトレイン

ローマストリートパークランドのガイドツアーと園内を走るトレインの情報はこちらです。

ガイドツアー

ローマストリートパークランドではボランティアガイドと一緒に園内を回る1時間のガイドツアーがあります。(無料・英語)

日にちや時間はVisit Brisbaneのページからチェックしてみて下さい。

コロナの関係でレジストレーションも必要ですが、上のサイトからネットで登録できます。

ローマストリート・パークランド・エクスプローラー

ローマストリート・パークランド・エクスプローラーは園内を回るかわいい汽車のこと。

ゴールドコイン($1コインや$2コイン)の寄付で乗ることができ、子供たちに人気です。

ただ、2021.4月現在、運転がストップしているので再開しているかどうかはブリスベンシティー・カウンシルのサイトでご確認を。

★★エクスペディアでブリスベンの宿を検索★★

ローマストリートパークランドへの行き方

ブリスベンシティーからローマストリート・パークランドへの行き方はこちらです。

徒歩

シティーから徒歩の場合、シティーホールからアルバート・ストリートの坂を上って行くのが一番わかりやすいです。(地図の緑のルート)

パークのメインエントランスまでは約10分~15分程度。

途中に、ローマストリート駅の駅舎と行き交う電車が一望できるスポットもありますよ。

ローマストリートパークランド(Roma Street Parklands)

電車

電車の場合は、ローマストリート駅で下車してすぐ。シティーのセントラル駅から1駅なのであっという間です。

バス

バスの場合は、シティーのキングジョージ・スクエアのバスターミナルから1駅。ローマストリート駅のバスターミナル下車です。

バスターミナルはパーク側の出口の真反対なので、駅の構内を突っ切る必要があります。

無料バス(スプリングヒル・ループ)

平日なら朝から夕方まで10分間隔で走るスプリングヒルループ(無料バス)を使うと便利。

最寄りのバス停は上の地図の紺色のバスマークです。

無料バスについてはこちらの記事もチェックしてみて下さい。

参考ブリスベンの無料バスルートと時刻表

スポンサーリンク

おわりに

ローマストリートパークランドはゆったりした時間を過ごせる都会のオアシス。

シティーからふらっとお散歩に行くことができる距離なので、ぜひ寄ってみて下さい。

-観光
-,

執筆者:

関連記事

ハービーベイのレストラン4選 実際に行ったおすすめ店を紹介します

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ハービーベイにはいろんなレストランがありますが、やっぱりエスプラネード沿いのお店はテンションが上がります。 スポンサーリンク 今回は実際に行って、皆さんに …

海外 キャッシング

海外キャッシングは両替より賢い!比較結果と注意点を解説します

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 「海外で小銭がいる時はキャッシングすればいいじゃん!」 なんて言われますがキャッシングって怖いイメージがありますよね。 今回は海外キャッシングと両替を比較 …

サーファーズパラダイスのロッカーと着替え ゴールドコーストのビーチ情報

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 延々と続く真っ白なゴールドコーストのビーチ。そのままビーチへもうダッシュしそうですが、ちょっと待って♪貴重品やいらない荷物どうしましょ?ホテル泊ならいいで …

オーストラリア料理のおすすめとデザート 定番の食べ物は何?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 オーストラリア料理ってなに?とよく聞かれますが、長い事住んでるのに答えが見つかりません(笑)聞かれると言葉に詰まります・・・。 でも、オーストラリアで食べ …

ヌーサ サンシャインコースト

ブリスベンからヌーサへの行き方&日帰り旅行でも大丈夫?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 サンシャインコーストのヌーサは大人気の観光スポット。ブリスベンからも沢山の人が旅行に行く場所です。 今回はブリスベン⇔ヌーサのアクセス方法と日帰りでも楽し …

ビーンのプロフィール

こんにちは。ビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し15年。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
ブログを書きながら引きこもり生活中です。
プロフィール詳細