観光

オーストラリアのコンセントはこんな形状 変換プラグと電圧も解説

投稿日:2018年11月30日 更新日:

こんにちは。オーストラリアに生息中のビーンです。

「オーストラリアのコンセントってどんな形?電圧のことも教えて!」

OKです!

今回はオーストラリアのコンセントタイプと持って行きたい変換プラグ、電圧について写真付きで詳しく解説します。

スポンサーリンク

オーストラリアのコンセントの形状

オーストラリアのコンセントの形状はこちらです。

オーストラリア コンセント

形はご覧のようにハの時の下に1本棒のある3ピンタイプ。

たまに延長コードなどでハの字だけの2つ口もありますが普通は3つ口です。

ちなみにハの字の下の棒はアースになってます。

電気を使う時はコンセントにプラグを差し込み、上についているスイッチをオンにします。(オレンジ色が見えていたらオン←上の写真参照)

使い終わったらスイッチをオフにしておけばOKです。

スポンサーリンク

オーストラリアのプラグはこれ

プラグの形状は上の写真で見たように3ピンの物と、2ピンの物があります。

それぞれの名前はこちらです。↓

3ピンのプラグ=O2タイプ

2ピンのプラグ=Oタイプ

O2タイプの方が多いですがOタイプでも問題なし。うちの中を見渡してみてもごちゃ混ぜです。

変換アダプターはOタイプでもO2タイプでもいい

2タイプあるなんて「旅行の時はどっちを用意すればいいんの?」と思うかもしれませんが、OタイプでもO2タイプでもどっちでもいいので心配ないですよ。

変換アダプターは通販でも、電気屋さんでも100均でも売ってるのでお好きな方をご用意ください。(コンパクトで軽いのはOタイプ)

Oタイプ

O2タイプ

オーストラリアだけじゃなく世界中飛び回る人なら世界共通のマルチアダプターがあっても便利。

最近はスマホやタブレットなどUSBでチャージできるものが多いので変換アダプターのついたUSB充電器も重宝します。

オーストラリアの電圧

日本の電圧は100Vですがオーストラリアの電圧は230~240ボルト

オーストラリアの方が電圧が高いので、日本の電圧にしか対応していない電化製品を使うと一瞬ピカッと光って動かなくなります・・・=その電化製品は壊れます。

と言うことで、電化製品を使う前に電化製品の定格電圧をチェックしてみてください。

定格電圧(/出力電圧/Input):100-240V 50/60Hz

と書いてあればそのままオーストラリアでも使えます。

写真で見るとこんな感じです。

オーストラリア コンセント

オーストラリアで変圧器は必要?

変圧器は上で紹介した電圧に対応していない家電をどうしても持ち込んで使いたいなら必要です。

ただ、スマホやタブレット、パソコン、モバイルバッテリーチャージャー、wifiモデムなどはも海外対応の物がほとんど。

よく話題になるドライヤーはホテルにあるので日本から持ち込む必要はありません。

留学やワーホリなどでドライヤーやコテなどが必要なら現地で買うのが一番。安い物なら$20位であるし、帰国時には友達に譲ったりネットで売る事も可能です。

それに変圧器は消費電力(ワット数)が大きいと使えないことも多いので、消費電力が大きいドライヤーなどは現地のものを使うのがベストです。

他にどうしても持ち込みたい家電があったら変圧器の性能をよくチェックしてから選んでくださいね。

ちなみに私は一度も変圧器を使ったことがありません。

スポンサーリンク

まとめ

  • オーストラリアのコンセントにはO型orO2型の変換プラグが必要。
  • 電圧が240Vまで対応の家電、電子機器はオーストラリアでも使える。
  • 変圧器はよほどのことがない限り不要。

それでは!

-観光
-

執筆者:

関連記事

バイロンベイってどこ 見どころやアクティビティは何?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 バイロンベイ行きたーい。と年に何回か思いますが、あの地はローカルのリピーターも多い特殊な観光地です。ビーチカルチャーとヒッピー的な要素、スピリチュアルな雰 …

カランビンワイルドライフサンクチュアリの荷物預かり 食事と所要時間

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ゴールドコーストのカランビンワイルドライフサンクチュアリに空港から直で行きたい!という時に心配なのが荷物。現地で預かってくれる場所はあるんだろうか?食事の …

ゴールドコースト アクアダックツアー

ゴールドコーストのアクアダックツアーって?場所や値段は?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ゴールドコーストの観光アトラクションの一つにアクアダックツアーなるものがありますが、これはいったい何?ダックツアーが出ている場所や値段も気になりますよね。 …

Bribie Island ブライビー島

ブライビー島のおすすめビーチとバス事情 ブリスベンからの行き方は?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ブリスベン周辺には絵にかいたような風景の島が沢山ありますが、ブライビー島もその一つ。しかもこの島は橋で繋がっているので車やバスで行けちゃいます! 今回はブ …

ブリスベン

ブリスベン ホテル泊のおすすめエリア 治安・便利さ共にいいのはここ!

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 「ブリスベンのホテルに泊まるならどのエリアがいいんだろう?」 土地勘のない場所で宿を探すのって大変です。 ホテル自体が良くても不便な場所にあるとか、周りに …

ビーンのプロフィール

こんにちは。ビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し15年。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
ブログを書きながら引きこもり生活中です。
プロフィール詳細