観光

オーストラリアでスマホ(ネット)を使う方法[短期&長期滞在向け]

投稿日:2024年3月12日 更新日:

オーストラリア スマホ ネット

「オーストラリアでスマホを使うにはどうしたらいい?」

今回は、旅行や移住でオーストラリアに来た時にスマホ(ネット)を使う方法をご紹介します。

参考オーストラリアの宿はホテルだけじゃない![予約の仕方,安く取る方法も紹介]

参考オーストラリアでお買い物!「これどこの店で買う?」をカテゴリー別に紹介

スポンサーリンク

海外でスマホを使う方法

o

オーストラリアに限らず海外でスマホ(ネット)を使う方法は、こちらの4つです。

  • 海外ローミング:短期向き
  • 海外WiFiレンタル:短期向き
  • 海外SIM:短期&長期向き
  • 無料Wifi:短期向き

それぞれ詳しく見ていきましょう。

海外ローミング

オーストラリア スマホ ネット

海外ローミングは、日本の通信会社と提携している現地の回線を使って通信すること。

データローミングをオンにするだけで、日本で契約している携帯(電話番号も同じ)がそのまま海外で使えます。

手間なしで便利な反面、通信料は高め(通話、SMSは別料金)なので、短期滞在向き。料金、利用可能エリア、対応機種は会社によって違います。

追加料金なく海外ローミングがお得に使えることで有名なのは、「楽天モバイル」と「ahamo(アハモ)」。

楽天モバイル」はデータ通信が2GBまで無料(追加チャージは1GB500円)で、Rakuten Linkアプリ同士の国際通話、国際SMSが無料。「ahamo」は月20GBまでのデータ通信が無料です。

レンタルWiFi

オーストラリア スマホ ネット

現地で使えるWiFiルーターをレンタルする方法も一般的。

受け取りや返却、充電の手間はあるものの、設定は簡単。SIMロックされた携帯でも使えるのが魅力です。

電話番号はないものの、WiFiがあればラインなどのアプリ経由で通話も可能。

値段はお高めなので短期滞在向きですが、ルーターが1台あれば複数の端末とつなぐことができ、家族旅行やグループ旅行には便利です。

オーストラリア対応のWifiで評判がいいのは「グローバルWiFi」や「イモトのWiFi」など。

受け取り、返却は空港、コンビニ、郵送など、いろんなオプションがあります。

海外SIM

オーストラリア SIM

海外SIMは現地で使えるSIM。

「物理SIM(普通のSIMカード)」と最初からスマホに組み込まれた「eSIM」があり、eSIMなら購入も手続きもオンラインで完結。差し替えの必要はありません。

データ通信専用の「データSIM」と通話やSMSも使える「音声SIM」の2種類があり、その国限定のSIMもあれば、何カ国かで使えるSIMもあります。

海外ローミングやレンタルWiFiよりも安く、「音声SIM」なら現地の携帯番号も手に入るため、短期でも長期でも使えるオプションです。

海外SIMは現地(空港など)だけでなく、日本で買うことも可能。eSIMなら「Airalo(エラロ)」や「trifa(トリファ)」、物理SIMなら「アマゾン」や「KKday」などでも購入できます。

ちなみに、長期滞在なら現地で調達するのがおすすめです。

注意点

SIMを使う場合に注意することはこちらの3点です。購入前に必ずご確認を。

  • SIMロックされたスマホは使えない。→SIMロックを解除するかSIMフリーのスマホを使う必要がある。
  • eSIMはeSIM対応の機種にしか使えない。
  • 物理SIMはカードのサイズをチェック。(nano/microなど)

無料WiFi

オーストラリア 無料WiFi

観光などでネットは最小限しか使わない場合、宿や空港、街の中にあるホットスポットで無料WiFiを利用することができます。

無料WiFiが使える場所には大体「Free WiFi」の表示があったり、WiFiのマークがあるので、見つけたら接続するだけ。

街の無料WiFiは容量が少なかったり、不安定だったり、セキュリティーが気になったりしますが、宿のWiFiは快適に使えることが多いです。

スポンサーリンク

オーストラリアの現地SIM

オーストラリア SIM

ここからは、オーストラリアで買えるSIMをご紹介していきます。

どんなSIMがある?

オーストラリアのSIMには、データ通信専用の「データSIM (Data SIM/Data-only SIM)」と音声通話やSMSが使える「音声SIM (Mobile SIM)」があり、主流は音声SIM。

タイプは、さきほども紹介した「物理SIM」と「eSIM」です。

長期滞在の場合は、現地の携帯番号がないと不自由なので「音声SIM」一択。

その都度チャージをするタイプと月額制のプランがあり、長く住むならスマホ持ち込み(SIM Only Plan)で月額制にした方が快適です。(チャージ式でもデータの使用期限が1ヶ月程度のものが多い)

もちろん、SIMフリーまたは、SIMロック解除済みの端末が必須です。(eSIMなら対応機種かどうかもチェック)

SIMはどこで買える?

プリペイドSIMはいろんな場所で売ってますが、みんながよく利用するのはこちらです。

  • 通信会社 (空港、街の店舗、オンライン)
  • スーパー

スーパーなら、オーストラリアの2大スーパー「Coles」と「Woolworths」は種類が豊富です。

有名な通信会社(通信キャリア)は?

日本のドコモ、ソフトバンク、AUに当たるようなオーストラリアの3大キャリアはこちら。(チャージ式のSIM・月額制のプランあり)

この他チャージ式のSIMなら「amaysim(オプタス回線)」なども有名。

月額制なら「TPG(ボーダフォン回線)」「iinet(ボーダフォン回線)」「dodo(オプタス回線)」などが大手よりも安くて評判もいいです。

ちなみに、私はTPGを使ってますが、1ヶ月25GBで25ドル(家のネットもTPGなので割引で20ドル)。

どのキャリアも新規獲得のために常時キャンペーンをしてるので、最初の何ヶ月かはお得です。

>>海外旅行サポートが充実のクレカ「エポスカード」を見る

オーストラリアでスマホを買うならどこ?

オーストラリア スマホ

オーストラリアでスマホを買う時は、このあたりのお店をチェックすることが多いです。

オーストラリアで人気のスマホは、iPhone、Samsung Galaxy、Google Pixelなど。

SIMフリーのスマホ(どんなSIMでも使えるスマホ)は「unlocked phone」「Outright Phone」などで探してみてください。

ちなみに、アメリカで携帯は「セルフォン(Cell Phone)」と呼ばれているようですが、オーストラリアでは「モバイルフォン(Mobile Phone)」と呼ばれています。

参考オーストラリアのコンセントはこんな形状 [変換プラグと電圧も解説]

スポンサーリンク

おわりに

ちょっと長くなったので、最後にそれぞれの方法の利点をまとめてみました。

  • 海外ローミング:短期向き。手間なし。日本の携帯がそのまま使える。
  • 海外WiFiレンタル:短期向き。SIMロックの携帯でもOK。複数台で使える。
  • 海外SIM:短期・長期向き。一番安く、音声SIMなら現地の電話番号が使える。

オーストラリアでSIMを買う場合、各社がキャンペーンを繰り広げているので、ぜひ見比べてみてください。それでは!

-観光
-

執筆者:

関連記事

タンボリンマウンテン 

タンボリンマウンテンの超おすすめスポット7選と行き方ガイド

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 「タンボリンマウンテンってどんなとこ?」 タンボリンマウンテンは、ブリスベンやゴールドコーストに近い人気の観光スポット。 牧歌的な風景、 かわいい街並み、 …

グリーン島 ツアー

ケアンズからグリーン島への行き方と人気のアクティビティ

「グリーン島ってどんな島?ケアンズからどうやって行くの?」 グリーン島はケアンズから近いグレートバリアリーフの島。日帰りでも余裕で行ける人気の観光スポットです。 今回は、ケアンズからグリーン島への行き …

ケアンズ ツアー

ケアンズ周辺は名所だらけ!絶対外せない観光スポット13選!

「ケアンズから観光に行くならどこがいい?たくさんありすぎて迷うんだけど…」 ケアンズはグレートバリアリーフや熱帯雨林地帯への玄関口。 私もケアンズを拠点にいろいろ回りましたが、周辺の見所が …

ブリスベン バス 無料

ブリスベンは無料バスで観光できる ! 中心部を回るルートはこれ!

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ブリスベン市内は徒歩でも回れますが、無料バスを使うともっと効率よく移動ができます。 今回は無料バスの種類とルート、時刻表について詳しくまとめてみました。

ブリスベンガイド[基本情報・観光・暮らしについて在住者がまとめてみた]

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 「ブリスベンってどんなとこ?」 ブリスベンはシドニー、メルボルンに次ぐオーストラリア第3の都市。 ただ…知名度は低めですよね。 ということで、 …

ビーンのプロフィール

こんにちは。ビーンです。

ブリスベンに生息して約15年。大好きなこの地のニッチな旅・生活情報を綴ってます。

プロフィール詳細