観光

オーストラリア土産ばらまき用の小分けできるお菓子はこれ!

投稿日:2018年9月26日 更新日:

こんにちは、オーストラリアに生息中のビーンです。

いえーい!帰国ホリデーだ!!と言う時にまず考える事。

お土産。

いかにも日本人的ですが、何となくそんな義務感に駆られる(笑)

でも・・・

ちょっとしたばらまき土産ならスーパーのお菓子がとっても便利!

グループで会った時にも小分けしてあればササッと配れます♪

お土産にお困りの皆さん、ちょっとスーパーを覗きに行ってみてください!

ブリスベンに限らず、ほぼオーストラリア中で見つかりますよ。

オーストラリアってご当地物とかほとんどないし(笑)

スポンサーリンク
  

オーストラリアのばらまき土産☆小分けできるお菓子リスト

リストってほど全部は網羅してませんけど・・・(最初に白状しときます)

ローカルもよく食べるお菓子を揃えました!

個包装になっているので、友達グループにばらまく時、

会社のテーブルに置いておく時、

自分で量をセーブしながら食べたい時にも最適です(笑)

ちなみに、オーストラリアの2大スーパー

Coles(コールス)とWoolworths(ウールワース)で売っているものばかりです。

それでは、のぞいてみましょう!

スポンサーリンク

アンザックビスケット

ANZAC(アンザック)ビスケットはお土産としてはあまり知られていませんが、

オーストラリアでは知らない人がいないビスケット。

なぜかと言えばANZAC Day(4/25)に食べるから。

もちろんそれ以外の日のおやつとしても食べますけどね。

ANZACとは Australian and New Zealand Army Corpsのことで

第一次大戦の時に結成されたオーストラリアとニュージーランドの連合軍。

アンザックビスケットはオーツとココナッツフレーク、小麦粉、

砂糖、ゴールデンシロップで作られたシンプルなビスケットで、

日持ちもよかったことから、当時の御婦人方が兵士に向けて送ったとか。

大きいサイズももちろん売ってますが、

これは小袋が10パック入ってます。

シェイプス

これ!オージーにも大人気です。アーノッツ社から出ています。

厚めのオーブンベイクのクラッカーで(薄いのもあるけど)

フレーバーパウダーがまぶしてあります。

オーストラリアで一番人気はダントツでBBQ味。

ピザやチェダーチーズ味、他にもいろいろありますよ。

ほんとに食べたら癖になる味なので試してみて下さい!

ひと箱8パック入りです。

最近パリパリの薄焼きもありますが、オリジナルの方がおいしいです♪

好みもありますが・・・。

スコッチフィンガーとチョコチップクッキー

どちらもティムタムの会社で有名なアーノッツ社の製品です。

チョコチップクッキーはまあ普通と言うか日本でもあるタイプ。

スコッチフィンガーはバターたっぷりでリッチ。

紅茶やコーヒーにもよーく合いますよ!

真ん中でポキッと割って食べる感じ。

個包装でない大きいパックなら、チョコチップ入りや、

片面がチョコレートコートされたものもありますよ~。

ポテトチップス オーストラリア版

これも普段のおやつによく食べてます。(←太るよ~)

メイド イン オーストラリア(ニュージーランドと共同もあるかも)

Smith’s(スミス)はRed Rock Deli(レッドロックデリ)よりちょっとだけ庶民的。

それでもおいしいですけどね。BBQのときのおやつにも最適。

ビールにもグッド!

箱に入っている分、スーツケースの中でもバラバラになりにくいのでおすすめです。

ただ、一応プチプチでまいておくと安心です。

関連:オーストラリアのスーパーで買うばらまき以外のお土産

タイニーテディ

よく小さい子のお弁当にも入っている熊の形のビスケットです。

オーストラリアのお弁当って日本の手の込んだお弁当と全然違って、

サンドイッチとフルーツ(丸々一個)、小袋のお菓子なんかが

大きなタッパーの中に入っていたりします(笑)

タイニーテディ―はプレーン、ココア、小さなカラフルスパークルの3種類。

甘さはそれほどでもなく、割と止まらなくなる一品。

これもティムタムの会社アーノッツ社から出ています。

うちの姪っ子が好きなビスケットです。

参考:オーストラリアのシーン別お土産記事のまとめはここ

スポンサーリンク
 

まとめ

日本人の味覚からするとオーストラリアのお菓子は甘めですが、

癖になるという人も多々。

チップス系もかなり美味しいです。

紹介したお菓子はどれも3~7ドル前後で買えますが、

度々セールがあるのでラッキーだったらもう少しお得かも。

オーストラリアの味を日本でばらまいてみて下さい(笑)

それでは!

-観光
-, ,

執筆者:

関連記事

ハーバータウン ゴールドコースト

ハーバータウン ゴールドコーストのお店とランチ場所 行き方のまとめ

ゴールドコースト最大のアウトレットモールと言えばHarbour Town(ハーバータウン)。ここはローカルからツーリストまで沢山の人に人気のショッピングスポットです。 昨日、年度末セールを目当てに行っ …

セントメアリー大聖堂の見所と見学時間 写真撮影の可否 行き方は?

スポンサーリンク こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 シドニーには立派な建築物が色々とありますが、中でも私の心を鷲掴みにしたのがセントメアリー大聖堂(St Mary’s Cath …

オーストラリアのお土産 男性ウケするアイテムはこんなもの

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 彼氏さんやお父さんなど男性へのお土産って結構ハードル高いですよね。ウケ狙い系ならお土産屋さんに沢山あるけど、気の利いたものとなると?今回は食べ物以外の男性 …

エアーズロック キャンプツアー

エアーズロックのキャンプツアー 体験談を写真付きでまとめてみた

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 先回、エアーズロックのキャンプツアー 内容や料金 予約の仕方は?の記事を書きましたが、タイムオーバーで書き切れなかった体験記がこちらです。 3泊4日の工程 …

ブリスベンでお土産を買う場所は?在住者が選ぶベストスポット

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ブリスベンでお土産を買うとしたらどこへ行きましょう? うちの母みたいにお土産買うのが大好きっていう人もいますが、できればサクッと買って観光に時間を当てたい …

ぷろひーる

管理人のビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し10年越え。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
南の大陸からブリスベン・ゴールドコーストを中心にオーストラリア情報を発信中。
プロフィール詳細