観光

飛行機の座席の選び方 窓側or通路側 位置からベストな場所を分析

投稿日:

飛行機 座席

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。

「ねぇねぇ、飛行機の座席ってどこがいいの?」と聞かれると・・・「う~ん…どんな座席がいいの?」と聞き返したくなります。

座席の好みや求める条件ってホントに千差万別。人によっておすすめの座席が違います。

ちょっとここで、あなたにはどの座席が合ってるか見てみましょう。

スポンサーリンク

飛行機の座席の選び方

人によっては景色重視、人によっては広さ重視・・・ホント色々です。

私がこれ!とは言えませんが、座席の特徴を知ってると格段に選びやすくなりますよ。

飛行機の座席は景色重視

私もそうだし、眺め重視の人は多いですよね。この場合、窓側を取るのは当たり前。

さらに、コーストラインや富士山などのシンボルをはっきり見たい場合は右側の列を取るのか左側の列を取るかも大切です。

例えば、私がよく使うジェットスターでゴールドコーストの海岸線を見る時、東京→GCならJ席、GC→東京ならA席がベストといった具合。

この辺の情報は検索すれば出てくるので(メジャーな場所なら)、マニアックな方は是非(笑)

ちなみに、羽の上だと視界が遮られがちです。(羽の写真を撮るにはいいですが・・・)

飛行機の座席は窓側or通路側

これは完全に好みです。

窓側は眺めがよく、トイレに立つ人に邪魔されずぐっすり眠れます。窓枠にもたれかかれるのも利点。

通路側はトイレに立ったり、荷物の出し入れをするのに気を遣わなくていいのがメリット。

私は日中便は窓際、夜便は通路側という感じで変えてますが、乗った瞬間から降りるまで熟睡できる友人は窓際専門。トイレの心配がある人は通路側の方が気が楽です。

あと、窓側の方が少し寒いです。

飛行機の座席 真ん中

飛行機の座席の並びって便によってまちまち。私が乗った物の中では2・4・2や3・3・3が多かったですが他の配置もあります。

真ん中というと通路と通路に挟まれた窓のないブロック。窓が遠くて嫌がる人も多いですが横並びの席数が多いので家族連れやグループには悪くない席です。

さらに、ほとんどの人が窓に近い座席を選ぶので、隣が空いてる事も割とあります。私も2・4・2の並びの真ん中だった時、私以外誰もおらず4席丸々使って寝れたことが。(ピーク期は厳しいけど)

ちなみに3席並んだうちの真ん中ははっきり言って居心地悪し。私ならどうしても席がない時しか使いません。

スポンサーリンク

カップルや2人組の隣が嫌だから真ん中にするという手もありますが、2人組の間に挟まったら・・・切ないです。

飛行機の座席 非常口の隣

一番前の席でありながら窓側に座れる席と言えばここ。足元もゆったりで景色が見られるのは最高なので、以前は空きがあれば好んで取ってました。

ただ、この席は非常時の脱出の時にCAさんを援助するのが条件。緊急時に迅速に動ける事とCAさんとコミュニケーションがとれる必要があります。

飛行機の座席 一番前

非常口の隣は条件がありましたが、一番前の席なら誰でも取れます。窓際ではないものの足を伸ばせて開放感があるのが利点。降りる時も早く降りられるので、急ぎの人にもいいです。

ただ前に座席がない分、前のめりで寝たりできないし、トイレに来る人たちが並んでたりするので落ち着かないのはデメリット。トイレが近いのはいい事なんですけどね。

手荷物を前の座席の下に入れられないので全て上の棚に収納しないといけないという不便さもあります。

離陸と着陸時にモニターを片づけないといけないのも他の席と違うところ。LCCだと追加料金がかかることも。(ジェットスターだと前方の席は追加料金です。)

飛行機の座席 一番後ろ

一番後ろはリクライニング倒し放題!と思う人は多いですよね。でも、この場所は意外と人気がないんです。

なんでかと言えば、一番後ろの席にはリクライニングが付いてないものが多いんです!これじゃー意味がない(笑)

さらに、上下に揺れやすいことと、エンジンの後方なのでエンジンの前方の席よりもうるさい事も理由。

利点をあげるなら、後ろの人から椅子を蹴られないこと。(蹴るつもりはなくても足で押されたり、もたれかかられる衝撃が・・・)

それと後方は空いてる事も多く、トイレにも近い事位でしょうか。(それはそれで落ち着きませんが)

飛行機の座席 プレミアムエコノミー

プレミアムエコノミーというのはビジネスとエコノミーの中間的な感じ。足元も広めでフットレストが付いた椅子がほとんど。

機内食はエコノミーと変わりませんが、ラウンジが使えたり、優先搭乗や、エコノミーより早く荷物がピックアップできるなどのサービスも。

値段はエコノミーの2~4倍ですがビジネスより相当安めなので、快適さを求める人にはいいかもしれません。

スポンサーリンク

おわりに

こうしてみてみると飛行機の座席を選ぶ基準って色々ですね。何が重要ポイントかはホントに人それぞれ。予約の時期が遅いと席を選ぶどころではなくなるので早めにご予約を。それでは!

-観光
-,

執筆者:

関連記事

ニューステッドハウスinブリスベンは川の合流点にある絶景パーク

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 川の街ブリスベンには沢山の絶景スポットがありますが、歴史を感じるNewstead House(ニューステッドハウス)もその一つ。ブリスベン川沿いに広がる緑 …

オペラハウスのドレスコード どんな服装や靴で行けばいい?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 シドニーのシンボルと言えばオペラハウス。演劇やコンサートを楽しむ方も多いと思いますが、ドレスコードって気になりませんか? 実は、私もクラシックコンサートに …

コアラ

ローンパインコアラサンクチュアリのコアラ抱っこと写真撮影

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 前回の続きで人気のローンパインパーク。今回は、コアラ抱っことコアラや他の動物たちとの記念写真についてです。オーストラリアに来たからにはコアラを抱っこして帰 …

オーストラリアのお土産 男性ウケするアイテムはこんなもの

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 彼氏さんやお父さんなど男性へのお土産って結構ハードル高いですよね。ウケ狙い系ならお土産屋さんに沢山あるけど、気の利いたものとなると?今回は食べ物以外の男性 …

バイロンベイってどこ 見どころやアクティビティは何?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 バイロンベイ行きたーい。と年に何回か思いますが、あの地はローカルのリピーターも多い特殊な観光地です。ビーチカルチャーとヒッピー的な要素、スピリチュアルな雰 …

ぷろひーる

管理人のビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し10年越え。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
南の大陸からブリスベン・ゴールドコーストを中心にオーストラリア情報を発信中。
プロフィール詳細