交通

ジェットスターオーストラリア国内線の手荷物&液体制限 

投稿日:

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。

オーストラリア国内をジェットスターで移動したいんだけど荷物ってどうなる?

海外の国内線移動って日本発着の国際線よりテンパりますよね。特にLCCだと荷物が心配という方も多いかも。と言うことで今回はジェットスターのオーストラリア国内線に着目!手荷物や預け入れ荷物の詳細と液体制限、重さチェックは厳しい?ってなところをまとめてみました。

スポンサーリンク
  

ジェットスターオーストラリア国内線の手荷物

国内線だとバックパック1つで移動することも多いので、手荷物の重さやサイズが気になる人も多いのでは?日本国内でもそうだけど国内線の手荷物チェックは国際線よりも厳しめなので乗る前にチェックしておきましょう!

ジェットスター オーストラリア国内線の手荷物重量は?

ジェットスターオーストラリア国内線で機内に持ち込める手荷物の重さと個数は、こうなってます。(2018.11現在)

※Plus、Max、FlexiBizというのは購入時に付けられるオプション。スターター=オプションなしの状態。

★エコノミー(スターター/Plus付き/Max付き)

メインの手荷物(キャリーケースやバックパックなど)+身の回り品(ハンドバッグなど)

全部で2個まで。合計7kg以下。

★エコノミー(FlexiBiz付き)

メインの手荷物(キャリーケースやバックパックなど)+身の回り品(ハンドバッグなど)

全部で2個まで。合計10kg以下

★ビジネスクラス

メインの手荷物2個(各7kg以下)+身の回り品(ハンドバッグなど)

全部で3個まで。合計14kg以下

手荷物は預け入れ荷物がない場合、重量やサイズを測られますよ~。預け入れ荷物があって、機内持ち込み荷物も見るからに規定内なら機内持ち込み荷物はチェックされない事が大半です。

ジェットスターオーストラリア国内線の手荷物サイズは?

2018年11月現在の機内持ち込み

手荷物のサイズは高さ56cm 幅36cm 奥行23cm

となってます。

チェックインカウンターの近くやゲートに手荷物のサイズを測る道具も置いてあります。サイズはチェックされない時もあれば、わざわざゲートで係員がチェックしてたこともありました。機内持ち込み対応のキャリーケースなどだと安心ですけどね。昔、バックパックにパンパンに詰め込み過ぎたことがあって、計測器に無理やり押し込んだことがあります(笑)スタッフも苦笑いでしたがパスできました♪

スポンサーリンク
 

ジェットスターオーストラリア国内線の手荷物料金は?

さっき手荷物の重量の事をクラス別に書きましたが、機内持ち込み手荷物分は元々の値段に含まれています。もし、それ以上持ちこみたい場合は、

・機内持ち込み手荷物にプラス3kgオプションをつける。(元々の制限が7kgの場合)
・預け入れ荷物を追加する

のどちらかを選択することに。

明らかにオーバーなら、最初から追加オプションをつけておいた方が断然お得。荷物をごっそり減らすって言う方法もありますけどね^^



ジェットスターオーストラリア国内線の荷物(預け入れ)

預け入れ荷物は0kg(無料)~40kgの間で選択できます。

ジェットスターの予約画面で0kgを選ぶと・・・

ほんとに大丈夫~???空港で払うとこんなに高いよ~。って画面が出てきます(笑)

例えば・・・

ブリスベン⇔シドニー間で予約時に15kgの預け入れ荷物を購入すると17ドルなのに空港で払と60ドルするよ~って出てきました。笑

ここで、やべっ!と思ったらつけておいた方が無難。もちろん、荷物が少ないなら0kgでも全然OKです。予約時に購入しておくのが一番リーズナブルな方法です。

ジェットスターオーストラリア国内線の液体制限は?

日本国内と同じで国内線には機内持ち込み手荷物の液体制限がありません。ただし、国内線でも飛行機が国際線ターミナルから出発する場合は国際線と同様の液体制限が科せられます。国内線ターミナルから出る国内線なら飲み物なども持っていけますよ。

ただし、その液体が危険物や禁止されているものでないこと!

オーストラリア政府が紹介しているこんなアプリもあるので、迷った時は参考にしてみて下さいね。(英語)↓

オーストラリア政府の危険物に関するサイト

もしくは、Jetstar Australiaに電話すると日本語も選べるので相談してみるのもありです。

スポンサーリンク
 

まとめ

ジェットスターは日本国内線もオーストラリアの国内線も荷物のシステムは同じです。機内持ち込み荷物の重さが微妙なら最初から追加オプションをつけておくか、ごっそり減らしておくのが無難。帰りはお土産などで荷物が増えるかもしれないので帰りだけ預け入れ荷物分を購入しておく手もありますね。

ゆるーいオーストラリアですが、スタッフによりけりって所もあるし、シビアなところはシビア。先に策を立てておいた方が賢いと思われます。それでは!

-交通
-

執筆者:

関連記事

ゴーカードのチャージの仕方と場所&英語での表現方法

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ゴーカードをゲット。 機嫌よく使って観光を楽しんでいたら、残金がかなり減っていた!! こうなったら、チャージをするしかないですね。 えっ? チャージの仕方 …

ゴールドコーストのトラムの乗り方・駅・運行時間と料金のまとめ

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ゴールドコーストの街中を移動するならトラムはすごく便利!本数も多いし、乗り降りも簡単!海外からの観光客にも親切な表示もあるので安心して乗れますよ。今回はト …

ゴールドコーストの公共交通機関には何がある?料金は?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 自他ともに認める公共交通マスターの私。 逆に車の運転は嫌いなのでどんどん公共交通の知恵がついていく(笑) まあ、そんな前置きはいいとして・・・ 今回はゴー …

飛行機 チケット

飛行機のチケットの買い方と安い航空券を手に入れる方法

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 飛行機のチケットってどうやって買うの?今まではツアーばかりで旅行会社にお願いしてたんだけど、飛行機だけ取りたい時はどうしたらいいんだろう? 今回は、飛行機 …

ゴールドコースト空港⇔サーファーズパラダイスのアクセスの比較

こんにちは。 スポンサーリンク ブリスベンにいながら、ゴールドコースト空港を愛用しているビーンです。 スポンサーリンク 海外の空港につくと、そこからホテルまでどうしよう・・・。と不安になりますよね。で …

ぷろひーる

管理人のビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し10年越え。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
南の大陸からブリスベン・ゴールドコーストを中心にオーストラリア情報を発信中。
プロフィール詳細