観光

セントメアリー大聖堂の見所と見学時間 写真撮影の可否 行き方は?

投稿日:2019年10月29日 更新日:

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。

シドニーには立派な建築物が色々とありますが、中でも私の心を鷲掴みにしたのがセントメアリー大聖堂(St Mary’s Cathedral)。この教会は外観も中の雰囲気も素晴らしすぎます。

今回はそんなセントメアリー大聖堂の簡単な説明と見学に関する詳細、行き方についてまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

セントメアリー大聖堂の歴史

セントメアリー大聖堂はローマ・カトリックの大聖堂。歴史を早足で振り返るとこうなります。

1821年:建設計画が立てられる。

1865年:火災で焼失

1866年~:英国ゴシック・リヴァイヴァル建築で再建開始

1928年:工事終了。

2000年:正面75mの尖塔完成。←元々のデザインに描かれていた物。

ちなみにゴシック・リヴァイヴァル建築というのは18~19世紀に興った中世ゴシック建築を復活させようぜ!という動きの中で流行った建築法。

ゴシック建築といえばミラノのドゥオモ、ドイツのケルン大聖堂、パリのノートルダム大聖堂などが有名。控えめに言って超豪華な建て方です。

もちろんセントメアリー大聖堂も見た瞬間からその姿に圧倒されます。

セントメアリー大聖堂の見どころ

まず外観正面の様子です。クリスマスの時に行ったのでツリーや聖書の物語に関連したアートもありました。

ハイドパーク側から全景をみるとこんな感じ。アーチボルドの噴水越しに撮った写真です。

内部はというと、ものすごく高い天井と石造りのお城のような構造、ステンドグラスから差し込む光とひんやりした空気に一気に身が引き締まります。

祭壇やステンドグラスもそうですが、その空間自体がアートです。

クリスチャンではないけど思わず祈りたくなるような神聖さがあります。

セントメアリー大聖堂の見学について

セントメアリー大聖堂のオープン時間

セントメアリー大聖堂の開館時間は毎日6時半~18時半までで誰でも見学、参拝をすることができます。

スポンサーリンク

サマータイムの時期やクリスマス時期は開館時間が延長されることもあるのでホームページでチェックを。

毎週日曜日10時半からのミサの後にはガイドツアーもありますよ。

セントメアリー大聖堂のミサ

ミサ(英語ではmass)は平日6時45分、13時10分、17時半の3回+週末と特別なミサがあるのでセントメアリー大聖堂のホームページでチェックを。

大聖堂は普段から信者さんが祈りをささげる神聖な場ですが、ミサの時間は特に大切な時間なのでただの観光ならこの時間は避けた方がいいと思います。

もちろん静かにミサに参加する目的なら問題なく入れてもらえます。

そんな私もクリスマスミサに参加したことがありますが、すごくよかったです。

参考:セントメアリー大聖堂のクリスマスミサとプロジェクションマッピング体験記

セントメアリー大聖堂の入場料

入館するのは無料。大聖堂維持のための寄付金箱が置かれていますが任意なので神社のお賽銭と同じような感覚です。

ミサに参加すると順番に寄付のための箱が回ってきますがこれも任意です。

【広告】現地ガイドも日本語で安心。シドニーのオプショナルツアーはタビナカで☆☆

セントメアリー大聖堂で写真撮影はできる?

セントメアリー大聖堂のホームページを見ると典礼やミサ以外の時の写真撮影はOKと書いてあります。

もちろん中でお祈りをしている人がゼロということはまずないので、フラッシュなしでシャッター音にも気を付ける必要があります。

祭壇にどかどか上がって写真を撮りまくったり、キャーキャー騒ぐのももちろんNG。特に主祭壇の裏にある祭壇は最も神聖な場所と言われているので写真は控えるのがベターです。

そう言えば、日本でも神社の社殿を真正面から撮るのは失礼にあたると言われますもんね。

セントメアリー大聖堂への行き方

セントメアリー大聖堂の場所は地図上の赤紫の十字架マークです。

最寄駅は電車のセント・ジェームス駅(地図上黒の電車マーク)でここからだとハイドパークの中を歩いて約5分です。

ハイドパークの中からは大聖堂の全景が見えるので写真を撮るにはバッチリ。美しいアーチボルドの噴水越しにカメラを構えている人も多いです。(上の噴水の写真)

時間に余裕があるならシティー内は徒歩でも十分回れるので気の向くままにぶらり旅をしても楽しいですよ。

ちなみに電車やバス、フェリーに乗る時はオパールカード(SUICAのようなカード)をもっていた方が便利でお得です。

おわりに

セントメアリー大聖堂はとても感動的な空間。建築や中のステンドグラスはアート性が高くて素敵だし、中はものすごく神聖な雰囲気で圧倒されます。

信者さんたちの祈りの場なので、日本の神社やお寺を参拝する時と同じような感覚で立ち寄ってみて下さいね。それでは!

スポンサーリンク

参考:私が旅したシドニーの名所記事一覧

-観光
-

執筆者:

関連記事

クレジットカード 英語

クレジットカードは使えますかを英語で?番号や有効期限はどう言う?

海外旅行に行ったり海外の通販サイトで買い物する時に活躍するクレジットカード。でもクレジットカードにまつわる英語表現がイマイチピンとこないということもありますよね。 今回はクレジットカードを使う時に必ず …

海外 キャッシング

海外キャッシングとは 両替との比較&注意点を解説します

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 海外で小銭がいる時はキャッシングすればいいじゃん!なんて言われますがキャッシングって怖いイメージがありますよね。なんでみんなそんなことができるの?と思って …

エアーズロックの気候と服装 ベストシーズンと持ち物の紹介

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 エアーズロックの気候ってどうなの?未知な場所にあるだけにどんな服装で行けばいいのか迷いますよね。私もウルルに行く前は荷物を出したり入れたりしてたな~(笑) …

ブリスベンってどこ?直行便や日本との時差はどうなってる?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 「ブリスベンってどこ?」自己紹介をするとよく言われるセリフです。耳にタコができるほど聞かれました(笑) そんな私もここに来る前は聞いたことはあるなぁ程度で …

オーストラリアのお土産 スーパーで買える在住者のおすすめ10選

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 オーストラリアに旅行に来たんだが・・・お土産はどうしよう?っていうことありますよね。先日もうちの母が遊びに来ていてお土産を物色してました^^ 私もお手伝い …

ぷろひーる

管理人のビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し10年越え。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
南の大陸からブリスベン・ゴールドコーストを中心にオーストラリア情報を発信中。
プロフィール詳細