暮らし

オーストラリアと日本の医療の違いとメディケア 医療費無料って本当?

投稿日:

オーストラリア 医療

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。

オーストラリアに移住するにあたって心配になるのがこの国の医療制度。一説にはオーストラリアの医療費は無料だぜなんて話もありますが実際どうでしょう?

日本とオーストラリアの医療の違いや保険(メディケア)のことにも触れながら簡単にご説明します。

スポンサーリンク

オーストラリアと日本の医療の違い

まず、オーストラリアの医療はこんな感じにわかれてます。

GP(一般開業医):日本でいう町医者(科は特に決まってない。)

スペシャリスト(専門医):日本でいう整形外科・耳鼻科・精神科など

病院:公立・私立・専門病院に分かれる。

検査機関:レントゲン、血液検査、エコーなど。

薬局:入院中以外は院外処方

パッと見、日本とほぼ変わりませんよね。ただ、受診の仕方がかなり違います

例えば日本の場合、足をくじいたらまず整形外科へ行きますよね。(もしくは総合病院)

この場合、オーストラリアだと最初にGP(一般開業医)を受診。⇒GPでなんとも出来なかったら紹介状をもらって専門医や病院にかかる事になります。

そう。めちゃくちゃ回りくどいんです!

GPで検査依頼が出た時も血液検査ならパソロジー、レントゲンならラジオロジーに自分で行ってデータがGPの所に届いた頃に再び結果を聞きに行く形。

採血なら予約なしですぐにやってくれますが、CTやMRIとなったらすぐに予約が取れないことも多いのでなかなか大変です。

そして、処方薬はもちろん院外処方なので薬局へゴー。(最近は日本でもそうだけど)

じゃー、緊急の場合はどうなるのかというと、これはもう救急車を呼んで病院直行。日本と一緒です。

それともう一つ。夜間や週末などGPが開いていない時に救急車を呼ぶほどではないけど具合が悪くなった時は「13SICK(137425)」に電話を掛けると当番医が無料で駆けつけてくれます。

状況によっては待ち時間が長い事もありますが、とりあえず飲む分の薬も置いて行ってくれたりしてかなり親切です。

スポンサーリンク

オーストラリアの医療とメディケア

なんとなくオーストラリアの医療の特徴がわかったところで、それを支えるメディケアのお話を簡単に。

メディケアというのは1984年に全国民を対象として導入された医療保険制度の事。日本でいう健康保険にあたります。

日本でも保険証がないと全額負担となるように、オーストラリアもメディケアがないと全額負担に。

メディケアはオーストラリアの市民権保持者だけじゃなく、永住権保持者も持つことができるので移住者にとっても大変ありがたい制度です。

日本だと健康保険料が主な財源ですが、オーストラリアのメディケアは一般財源と確定申告(タックス・リターン)で所得に応じて徴収されるメディケア税(Medicare Levy)が財源。←確定申告の時のヤラレタ感…(汗)

さらに所得が多い人は収入に応じて上乗せ課税(Medicare Levy Surcharge)が科せられる仕組みになってます。

オーストラリアの医療費は無料?

さーて、オーストラリアの医療費はタダなのか!?というお話に移りましょう。

これはですね、無料の所(項目)もあれば有料の所(項目)もあるというのが正解です。

メディケアは診察・検査・治療費などをカバーしてますが、決められた額の医療費を超えた差額は自己負担です。

GPなどの医療機関は診療費を自分たちで設定できるので、メディケアのカバー額を超えた分は患者側のポケットマネーからということになります。

差額が出た場合、医療機関で差額だけ支払う場合がほとんどですが、場所によって(昔ながらの所とか)は一旦全額払ってから自分でメディケアに請求する場合も。(「my gov」に登録してあればオンラインで可能。)

ただし、Bulk Bill(バルクビル)と書かれたGPや検査機関なら診療費がメディケアカバー内に収まっているので無料。(「一部Bulk Bill」とかいう所もあるけど…。「100%バルクビル」なら確実)※血液検査は今のところどこでも無料。

待ち期間が長くなる傾向にありますが公立病院での治療(入院含む)も無料です。

逆に私立病院での治療や歯科治療費、メガネやコンタクトレンズの費用、整体などはメディケア対象外なので実費。

これらはプライベート保険に加入していれば補償対象になる事も多いです。(補償内容はプランによりけり。)

まぁ、歯医者さんは超スーパー高いのでよく歯磨きをして、日本に帰った時に治療するのが一番です(笑)

あっ、救急車は州によって有料か無料かが違います。幸いブリスベンがあるクイーンズランド州は無料ですが、有料の州だと$1000ドル前後かかる事もあるのでチェックしておいた方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

おわりに

以上、オーストラリアの医療制度でした。日本と違った所もあるので最初戸惑うかもしれませんが緊急なら救急車(000)、普通の病気や怪我ならGPに予約。と覚えておいて後はアドバイスに従えば大丈夫です。それでは!

-暮らし
-

執筆者:

関連記事

オーストラリアのバーベキュー&ソース 公園のBBQ台の使い方も解説

オーストラリアのバーベキューと日本のバーベキューってかなり違います。日本が焼肉系ならオーストラリアって何系なんだろう?とてもズボラな感じがします(笑) 今回は、そんなオーストラリアのバーベキューの全容 …

オーストラリア 仕事

オーストラリアでの仕事の探し方 求人サイトや必要な物 面接の服装は?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 オーストラリアに移住したら何らかの形で働くことになると思いますが、仕事探しは結構骨が折れます。(バイトはそこまででもないけど) かく言う私もローカルのフル …

アンザックビスケットの由来と作り方 そのお味はいかに?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 アンザックビスケットはオーストラリアの国民的クッキーでお土産としても人気です。それもそのはず、このお菓子にはオーストラリアの歴史が刻まれているんです。 今 …

海外 クレジットカード

オーストラリア移住後の生活費を大公開 1か月に必要な金額は?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 オーストラリアでの生活費ってどの位かかるの? 永住するにしても、ワーホリや留学で一時的にオーストラリアに行くにしてもすっごく気がかりですよね。 生活費は日 …

転送コムで海外発送した流れをまとめてみた オーストラリア編

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 2018年の7月1日にオーストラリア政府が低額の海外通販で買ったものにまで税金をかけだした!その関係でアマゾンなどがオーストラリア向けの配送を一時停止とき …

ビーンのプロフィール

こんにちは。ビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し15年。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
ブログを書きながら引きこもり生活中です。
プロフィール詳細