観光

デビルスマーブルスってオーストラリアのどこ?行き方は?

投稿日:

デビルスマーブルス オーストラリア

こんにちは。オーストラリアに生息中のビーンです。

オーストラリアの砂漠の中に突如現れた得体のしれない巨大岩群。デビルスマーブルスと呼ばれるこの場所はパッケージツアーではまずいかない穴場です。

今回はこのミステリアスなスポットに潜入!詳しい場所や行き方もご紹介します。

スポンサーリンク

デビルスマーブルスってなに?

オーストラリアのアウトバック(オーストラリアの真ん中付近を占める砂漠のようなステップのような荒野)に突如現れるのがDevil’s Marbles Conservation Reserve(デビルスマーブルス・コンサベーション・リザーブ)。

遠くから見ると岩があるなぁ位にしか見えませんが、近づいてみると何とも奇妙な黄土色の巨石がゴロゴロ。ここが有名なデビルスマーブルス(Devil’s Marbles)です。

アボリジニの言葉ではKarlu Karlu(カール・カール)と呼ばれ「丸い岩」という意味。元々このエリアはアボリジニーの重要な場所だったんです。

入り口にはこのような看板も。どうやってこんな地形ができたのかという説明もあります。(パンフレットももらえました。)

デビルスマーブルス オーストラリア

デビルスマーブルスを直訳すれば「悪魔のおはじき」。

花崗岩の奇石が絶妙なバランスで立っているのでちょっと押したり風が吹いたらゴロゴロ転がりそうなイメージです。悪魔なら簡単に転がして遊べることでしょう。

デビルスマーブルス オーストラリア

数百万年もの間、侵食と風化を繰り返しこんな地形になったようですが(地学が苦手なので詳しい事は他サイトで。笑)

こんな風に巨大人が積み木でもしたかのようなアート性の高いものまで。これが自然にできたというのが驚きです。

デビルスマーブルス オーストラリア

岩は小さなものから巨大なものまで色々。丸い岩を包丁で切ったかのように真っ二つに割れてた物や俵型のようなものまで多種多様で、大きなものは6m程あるそう。

岩の間をくぐったり、丸い岩を下から持ち上げるようなポーズで写真を撮る旅人が沢山いますが、それほどフォトジェニックな空間です。

デビルスマーブルス オーストラリア

特にこの2つの岩は目玉的なフォトスポット。今にも転がっちゃいそうなのが転がらないのが不思議です。

2つの岩の間に挟まって写真を撮る人が多いですが、登ったりするのはNG。ここはアボリジニーの人にとって大切な場所ですからね。

デビルスマーブルス保護区の東側にはちょっとしたウォーキングトラックもあって離れた所から全体を眺めることも。

この時は日中に立ち寄っただけなので見れませんでしたが、サンライズとサンセットの時間には奇跡群が燃えるように輝き、色の移り変わりを楽しむこともできるそうです。(ウルルのみたいですね。)

ちなみに、奇石たちは今でもひび割れや侵食が進んでいて形が変化しているんですって。

スポンサーリンク

デビルスマーブルスはオーストラリアのどこにある?

デビルスマーブルスがこんなものだとわかったところで場所のご説明を。

デビルスマーブルスがあるのはオーストラリアのノーザンテリトリー(準州)。ウルルもこの準州にあります。

ウルルなら主要都市から飛行機が乗り入れる空港があるので行きやすいですが、デビルスマーブルスはホントに荒野の真ん中辺り。

ノーザンテリトリーの2番目の都市アリススプリングスから北へ約400km、第3の都市テナントクリークから南へ約100kmの場所です。

地図で見るとこんな感じです。

オレンジの星がデビルスマーブルス。テナントクリークとアリススプリングス、ウルルの位置も入れてみました。

デビルスマーブルスへの行き方

デビルスマーブルスへは公共交通機関で行けないので、車を使うかツアーで行くことになります。

アリススプリングスからなら車で約4時間半。テナントクリークからだと約1時間です。

ただ、テナントクリーク空港発着便はアリススプリングスとダーウィン、キャサリンの間のみで便数も僅か。アリススプリングスからドライブした方が時間的に早く着きます。

ツアーだと日本からのツアーはなかなかないと思いますが、アリススプリングスやダーウィンから現地ツアーが出ているのでそれを使うといいと思います。

ちなみに私の時はAdventure Toursという会社のアリススプリングス発ダーウィンツアーの途中で立ち寄りました。日本語のツアーはないと思いますが英語のツアーは探せばもっと出てきます。

日系の旅行会社ならナビツアーやトラベルドンキーから申し込むこともできますよ。

スポンサーリンク

おわりに

デビルスマーブルスは世界規模で有名ではないけど絶対おすすめな場所。行きにくい場所にあるのが難点ですが、レンタカーやツアーでも行けるので興味があったら行ってみて下さい♪

アウトバックの旅は好き嫌いが別れるかもしれませんがクセになる人も多いですよ。それでは!

-観光
-,

執筆者:

関連記事

ブリスベンのウィンドミル 観光スポットに秘められた暗い歴史とは

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ウィンドミルはブリスベンの見所の一つ。この灯台のような粉ひき小屋はブリスベンの中で一番古い建造物なんです!ブリスベンの青空に映える素敵な外観。しかし、そこ …

カランビンワイルドライフサンクチュアリのショーは野生味がすごい件

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ゴールドコーストのカランビンワイルドライフサンクチュアリは動物のショーに力を入れていることでも有名。えっ?動物に芸をさせてるの?とんでもない!すごく野性味 …

オーストラリア 米 持ち込み

オーストラリアへの米の持ち込み&申告についてと送る場合 

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 旅行や友人を訪ねる時などにオーストラリアへお米を持っていこうと思う人は結構いますよね。でも、オーストラリアの検疫は厳しいって聞くしどうなんだろう?と不安に …

グラスハウスマウンテンズ

グラスハウスマウンテンズへの行き方と登山におすすめの山

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ブリスベンの近くにグラスハウスマウンテンズ(Glass House Mountains)という場所があるんですが、ここは風変わりな絶景とハイキングが楽しめ …

バーレーヘッズの行き方 バスでサーファーズパラダイス&空港からのアクセスは?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ゴールドコーストのビーチの中でもおすすめなのがバーレーヘッズ。きれいなビーチあり、絶景の国立公園あり、丘の上からはサーファーズパラダイスのビル群が見渡せる …

ぷろひーる

管理人のビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し10年越え。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
南の大陸からブリスベン・ゴールドコーストを中心にオーストラリア情報を発信中。
プロフィール詳細