暮らし

オーストラリアに移住した理由と永住ビザを取るまでの記録

投稿日:2019年8月13日 更新日:

オーストラリア ブリスベン

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。

初対面の人と話すと「なんでオーストラリアに移住したの?」「どうやって永住権とったの?」とよく聞かれます。

永住するまでには結構長いストーリーがあったわけですが今となってはいい思い出。今日はちょっと自分のことを書いてみようと思います。

スポンサーリンク

オーストラリアに移住した理由

突然やりたいことが現れる瞬間ってあると思うんですが、オーストラリア移住はこの一つでした。

前にも書きましたが、大学受験で落ちて悶々としてる時に勢いで1か月オーストラリア(ケアンズ)へ。それ以来就職してもオーストラリア熱は冷めず長期留学する事ばかり考えてました(笑)

新卒で就職して6年目で仕事を辞めブリスベンに1年留学。ここでオーストラリア熱が重症化し、オーストラリアに住みたい病まで合併(笑)

とりあえず日本に帰国しましたが、1年後に永住目的で戻ってくる気満々で準備を開始。留学の準備と資金調達をして、その1年後にオーストラリアに戻ってきた次第です。

この時、使おうと思ったビザが看護師という職業を活かしたスキルドビザ。現地の大学に直に編入する最短コースもあったけど、英語と専門用語が心配だったのでTAFEでディプロマを取ってから大学に編入するコースを選択。(今と当時では違いがあるはず)

当時でも永住権を取るのはかなり難関だと言われてけど、やる気が半端なかったので迷わずオーストラリアIN(笑)

オーストラリアに住みたいと思った理由は、色に感動したこと事(空とか緑とか)と自然の多さ、おおらかな人とゆったりなライフスタイル。

たったこれだけの理由で好きだった仕事を辞め、家族や友達にバイバイし、お金やら税金やら年金やらの事よりも新生活にワクワクできた自分(笑)

今思えば自分でも引きますが、あの時あのタイミングでおバカさ発揮してなかったら今とは違う生活を送ってたんだろうなぁと思うと感慨深いです。

スポンサーリンク

オーストラリアの永住ビザを取るまで

こんな感じでブリスベンに来たわけですが、まずTAFEの看護学部がかなりハードで最初から折れ気味(笑)日本語なら難しくないけど英語がネック。専門用語も多いし、課題が山のように出るから休む暇なし。

あの頃はTAFEのマネージメントもイマイチで(他の学部はよかったって話も聞いたけど)、留学生は特に振り回されてた思い出が・・・。(←今はよくなってるのかな。)

まぁ、そうこう言いつつも実習は楽しかったし晴れて卒業。やっと次は大学だーという所で(厳密に言うと卒業前から変わってた)移民局の方針が変わり、入学基準のIELTS(英語の試験)のスコアが一気に7まで引き上げられるという惨事が発生。

スコア7ってかなりのレベルだし、試験料があの当時で1回3万円程度というバカ高さ。編入できないことに・・・。

人生山もあれば谷もあるけどこの時はどん底。

勢い余って日本を出てきたけど無駄な時間と無駄金使ったなという自責の念。帰るの恥ずかしいなと思いながら帰国準備を進めることに。

パートナービザの話が浮上したのはそんな時。実はTAFEに入学してすぐの頃から1年半程付き合っていた人がいて、その人がビザの事を色々調べてくれてました。

私の中ではパートナービザって扶養されるみたいなイメージ。なんでも自分の力でやりたい私はモヤモヤしたけど、彼自身はいい人だし、ここで一緒に住めるー!と思って方向転換。

その後、学生ビザからワーホリビザに切り替え、2人でディファクト(事実婚)ビザ申請のため証明を集め約1年後に申請。申請から約1年後にサブクラス820が降り、その1年後に永住権(サブクラス801)となりました。

その彼とは去年結婚しましたが、それまではずっと事実婚。パートナービザは年々審査期間が伸びたり、申請料もどんどん上がってますが、事実婚でも問題なく永住権が取得できます。

スポンサーリンク

おわりに

だらだらと私事を書き連ねましたが、移住して永住権を取った経緯はこんな感じです。ちなみにパートナービザを申請したのはかれこれ9年前。留学してたのはそれよりもう少し前。

移民局のポリシーは毎年7月に変更。ホントにコロコロ変わります。永住目的で移住する場合は移民局のページや移民関連のエージェントのサイトなどを随時チェックされることをおすすめします。法改正の動きもあるので見逃せません。それでは!

-暮らし
-,

執筆者:

関連記事

オーストラリア 賃貸

オーストラリアの賃貸の種類と家具付き物件 相場はいったい?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 食と同じで住宅事情も国によって違いますよね。それが賃貸だったとしてもそう。へぇ~、こんな風になってるんだ~と思うこともしばしばです。 オーストラリアの賃貸 …

オーストラリアのバーベキュー&ソース 公園のBBQ台の使い方も解説

オーストラリアのバーベキューと日本のバーベキューってかなり違います。日本が焼肉系ならオーストラリアって何系なんだろう?とてもズボラな感じがします(笑) 今回は、そんなオーストラリアのバーベキューの全容 …

ティムタムスラムスは2019年のオーストラリア限定味

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 おっ、ティムタムのニューバージョンが出てる!って気が付いたのがついこの間。 2018年のティムタムチルミーが記憶に新しいけど今回はどんな味だい? 早速、2 …

 オーストラリア 地震

オーストラリアは地震が起きない?プレートはどうなってるの?

オーストラリアには地震がない。 私もそうだし、こっちで生まれ育った人でさえもそう思ってる人が多いです。でも、お隣のニュージーランドでは大きな地震がよくあるしなんか不思議。 ということでオーストラリアに …

オーストラリア パソコン 購入

オーストラリアでパソコン購入 アップル製品を安く買う方法を伝授

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 2011年から使い続けているWindowsのノートパソコンが少しスローになってきたので、つい先日2019年版のMacBookに買い替えました。 今回はオー …

ぷろひーる

管理人のビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し10年越え。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
南の大陸からブリスベン・ゴールドコーストを中心にオーストラリア情報を発信中。
プロフィール詳細