暮らし

オーストラリアに移住した理由と永住権を取るまでの記録

投稿日:2019年8月13日 更新日:

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。

初対面の人と話すと「なんでオーストラリアに移住したの?」「どうやって永住権とったの?」とよく聞かれます。

永住するまでには長いストーリーがありましたが、今となってはいい思い出。

今日は私が永住権を取るまでの記録を残しておこうと思います。

スポンサーリンク

オーストラリアに移住した理由

グリーン島ツアー

絶対やりたいことって突然現れたりしますよね。

私のオーストラリア移住計画も「オーストラリアに住みたい!」というガチな思いから始まりました。

きっかけは短期留学

事の始まりは日本での大学受験の失敗。

悶々とした気分で過ごす中、勢いでオーストラリア(ケアンズ)留学した事がきっかけで大のオーストラリア好きになりました。

だって当時19歳の私の目に映ったオーストラリアは・・・

  • 自然がいっぱいで色が鮮やか
  • 人がおおらか
  • いろんな国の人がいて価値観が多様
  • 暮らしがのんびり
  • アフター5と週末が超充実
  • 人も動物もイキイキしてる
  • アウトドア天国

ホームステイのじいちゃんばあちゃんが絵に描いたようなおしどり夫婦でお茶目だったのもオーストラリアファンになった一因です。

この時、長期留学で絶対ここに戻ってこようと思ったのが移住への第一歩でした。

長期留学で永住を決意

短期留学の後、日本で6年の社会人生活を経て再びオーストラリアへ。

ブリスベンで1年の語学留学をしました。

「やっぱりここに住みたい!永住したい!」と思ったのはこの時です。

永住したいと思った理由は19歳の時に感じたオーストラリアの良さを再度実感したから。

「日本ほどいい国はないのになんで移住?」

といろんな人に不思議がられましたが、住みたいと思っちゃったもんは仕方ないですよね(笑)

ビザのこと、お金のこと、仕事のこと、家族や友達のこと、税金や年金などの処理・・・

やることは山盛りで不安もありましたが、

圧倒的にドキドキワクワクしながら準備を始めました。

オーストラリアの永住権を取るまでの道のり

オーストラリア 移住

永住権を取ろうと準備を始めたのが2007年頃。

この頃は永住権取得がかなり難しくなってきたと言われつつも、今(2020)と比べればマシな時期でした。

オーストラリア移住は看護師で

永住権を取るにはいろんな方法がありますが、この当時考えたのは技術系のビザ。

あの当時は永住権が取れる職業リストの中に看護師が入ってたのでそれを狙うことに。(※移民政策は毎年変わるので今現在の事は移民局のサイトで確認を。)

ちょうど日本で看護師をしてたので超ラッキーと思ったわけです(笑)

日本で経験があったので現地の大学に直接編入もできましたが、英語がまだまだだったのでTAFEで看護師のディプロマを取ってから大学へ編入する方法で手続きを開始。

TAFEはかなりハード(主に英語とシステムの悪さ)でしたが晴れて卒業。次は大学だー!と言う所である事実が発覚。

永住権の道が遠のきます・・・。

スポンサーリンク

大学へ行くのにIELTSスコアが足りない!

永住権を取ろうと思ってる人に毎度立ちはだかる壁は移民局の方針変更。

もう毎年振り回されっぱなしです(笑)

この時の変更は大学の看護学部へ入学するにはIELTS7(全ての項目)が必要になった事。

それまでは6だったか6.5だったか忘れましたがクリアできてました。

ただ全項目で7はヤバイです。

方針が変更されたばかりで情報が乱れてて振り回されましたが、結局私のスコアでは大学編入できず。

IELTSの受験料はバカ高いし、スコア7を取るには勉強も必要。

大学に行けなきゃ学生ビザも使えないので帰国一択。

疲れもピークだったし、お金ももったいないので帰国して体制を立て直そうと決めました。

パートナービザで永住権

そんな時、留学中に約1年半付き合っていた彼氏からパートナービザの話が持ち出されました。

ぶっちゃけ私が絶対嫌だと思ってた部類のビザです。

なんと言うか自分の力で取りたいっていうプライドがあったんですよね。

でも元々私がTAFEを卒業したら一緒に暮らすことになってたので、話がどんどん進みパートナービザ取得の道へ。

人生何があるかわかりません。

その後はワーホリビザに切り替え、1年後にパートナービザ申請。

ブリッジング期間を経て申請から2年後にサブクラス820のビザ取得。

その1年後位にサブクラス801の永住ビザ取得となりました。

パートナービザの申請時はディファクト(事実婚)状態。

結婚したのは永住権を取って数年経ってからです(笑)←この国は事実婚も結婚もほぼ同等な感じ。

スポンサーリンク

おわりに

だらだらと私事を書き連ねましたが、移住した経緯はこんな感じで波乱万丈でした。

あの当時は大変でしたが今は平穏。移住してきてよかったです。

移民局のポリシーは毎年7月に変更。ホントにコロコロ変わります。

もし移住を考えてる方がいらっしゃったら移民局のサイトや移住専門のエージェントのサイトなどを随時チェックされることをおすすめします。

それでは!

-暮らし
-,

執筆者:

関連記事

オーストラリア

オーストラリアでのバイトの探し方&履歴書や面接の服装は?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ワーホリや学生としてオーストラリアに行ったらバイトしたいんだけど・・・。 海外でバイト探しなんて超難しそうと思うかもしれませんが、大都市なら結構色んな求人 …

ゴールドコーストとブリスベンどっちが留学するのに魅力的?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 スポンサーリンク 留学先やロングステイ、移住先を決める時、どの都市にするかってかなり悩みますよね。私も留学前は毎日わくわく世界地図とにらめっこ(笑) オー …

英語 勉強

英語の勉強で挫折した話[頑張ったけど上手になりませんでした] 

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 「英語の勉強が続かない。勉強したのに海外で英語が通じない。」 過去の私はこのパターンでした。 今でこそ英語で暮らしてますが、勉強を始めた頃は挫折の連続。す …

海外 クレジットカード

オーストラリア移住後の生活費を大公開 1か月に必要な金額は?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 オーストラリアでの生活費ってどの位かかるの? 永住するにしても、ワーホリや留学で一時的にオーストラリアに行くにしてもすっごく気がかりですよね。 生活費は日 …

オーストラリアの日焼け止め 現地品と日本製の有無&持ち込みについて

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 場所や季節にもよるけどオーストラリアの太陽は強い!夏冬関わらずジリジリくるこの感じ。紫外線指数も出るけど、夏のUVは特に半端ないです。 オーストラリアの紫 …

ビーンのプロフィール

こんにちは。ビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し15年。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
ブログを書きながら引きこもり生活中です。
プロフィール詳細