観光

カカドゥ国立公園の見どころ 絶対見ておきたいものリスト

投稿日:2019年7月22日 更新日:

カカドゥ国立公園

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。

オーストラリア最大の国立公園と言えばカカドゥ国立公園。ここは広さ約2万㎢という非常に巨大な国立公園で東京都の面積の約9倍相当。

地球の凄さを感じる絶景、無数の野生動物達、古代先住民のアート、未だかつて経験したことがないような大冒険が楽しめる楽園です。

今回はカカドゥ国立公園の見どころについてまとめてみました。

カカドゥ国立公園への行き方と宿泊施設(キャンプ含む)のまとめ

スポンサーリンク

カカドゥ国立公園の見どころ

カカドゥ国立公園は大自然と古代文化の両面から世界遺産に登録されている場所。隅から隅までが見所なのは言うまでもありませんが、ハイライトと言えばこんなところです。

カカドゥ国立公園の動物

カカドゥ国立公園を散策していると野生動物の多さにびっくりします。

例えば野鳥。オーストラリアでブッシュウォークをしているとホントに色んな鳥の鳴き声(奇妙なのも多い)が聞こえてきますがここは別格!オーストラリアに棲息している鳥類の約1/3がここで暮らしていると言われていて、その数約280種。ここにしかいない鳥も多く、重要野鳥生息地にも指定されている野鳥の楽園です。

スポンサーリンク

ツーリストの目を引いて止まない野生のクロコダイル(ワニ)も必見。少し小さ目のフレッシュウォーター・クロコダイルと大きくて凶暴なソルトウォーター・クロコダイルがうじゃうじゃ生息。世界一怖いと言われるイリエワニもおりますよ。最大で6m級のワニが泳いだり、陸地で休んだり。他にもトカゲやヘビ、亀など117種類の爬虫類が生息しているそう。

オーストラリアのレストランではよく見かけるバラマンディなどの魚類も沢山。実に57種類以上の淡水魚が暮らしていて、ボートで川釣りをするにも最適な場所です。(クロコダイルには気を付けて)

その他にもワラビーやバッファローなどの哺乳類や昆虫類など、よくこんなに集まったなという種類の動物達が共存していることに度肝を抜かれます。

【広告】オーストラリア ダーウィン発着ツアーはベルトラで☆☆

カカドゥ国立公園の壁画

なんと4万年以上も前から人が住んでいたと言われるこの一帯。国立公園内の岩肌には古代先住民による壁画が3千種類以上残ってます。

壁画が一般公開されている有名な場所としてはウビル(Ubirr )とノーランジー(Nourlangie)があり、ツアーに組み込まれていることも多いです。

ウビルは最大の壁画スポットで国立公園を見下ろす絶景展望台がある場所。レントゲン画法で描かれた古代壁画を楽しんだ後は、氾濫原やアリゲーターリバー、クロコダイルダンディー2のロケ地にもなったウビル・ロックなどの360度ビューを満喫できます。

ノーランジーの方は激しいストームを自在に操るとされる架空の生き物「ライトニングマン」の壁画がとても有名です。

参考:カカドゥ国立公園キャンプツアー2日目 壁画と滝を満喫の回

カカドゥ国立公園

カカドゥ国立公園のイエローウォータークルーズ

ボートに乗って大湿原地帯を探検するクルーズはとても人気。氾濫原で休む沢山の野鳥やクロコダイル、バッファローなどの動物や植物を楽しむもので沢山のツアーが出ています。

クロコダイルが近いしボートが小さ目なのでちょっとスリリングですが、蓮の花群や見たこともないような大自然の営みに圧倒されます。

カカドゥ国立公園の滝

カカドゥ国立公園 Kakadu National Park
国立公園内には沢山の滝がありますが、ツアーでよく行くハイライトはガンロム滝、マグク滝、ジムジム滝、ツイン滝です。

ガンロム滝はカカドゥ国立公園を見下ろしながら泳ぐことができる絶景露天風呂のような場所。(温泉でもお湯でもないけど)

マグック滝は渓谷内の静かなスイミングスポット。ジムジム滝とツイン滝は距離的にとても近いですが、ツイン滝はボートでしかアクセスできない秘境。2つの滝間の移動はまさにアドベンチャー映画の世界そのものです。

参考:カカドゥ国立公園キャンプツアー最終日 滝巡りからのダーウィン

カカドゥ国立公園の蟻塚

マグネティック・ターマイト・マウンズという超巨大アリ塚群で有名なのはカカドゥ国立公園から少し離れたリッチフィールド国立公園ですが、ここでも所々で巨大なアリ塚群を見ることができます。

荒野に奇跡群のようにそびえ立つ白アリの塚は圧巻。蟻も出入りしているので虫嫌いでなければ興味深く観察することができますよ。

スポンサーリンク

おわりに

カカドゥはホントに広くて、全体を見て回ろうと思ったら何日もかかります。今回はホントに有名な場所だけをリストアップしましたが、もっとニッチな場所に行くことももちろん可能。(普通のツアーでは行きにくいかもだけど)浮世離れした地球の楽園は人生観を変えてくれるかもしれません。それでは!

-観光
-,

執筆者:

関連記事

レッドクリフ Redcliffe

レッドクリフ オーストラリアの見どころと地図 行き方のまとめ

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ブリスベンとサンシャインコーストの中間に位置するレッドクリフ(Redcliffe)はちょっとドライブに出かけるのに絶妙なスポット。 綺麗な海と夕日に映える …

サーファーズパラダイス Surfers Paradise

サーファーズパラダイスの中心地はどこ?トラムの駅やホテルは?

ゴールドコーストの中心地と言えばサーファーズパラダイス。と言われても・・・サーファーズのどこに行けばいいの?と思う人も多いですよね。 今回はサーファーズパラダイスの中でお店やホテルが密集する中心地の様 …

エアーズロックは行く価値あり?登山禁止でも楽しい?感想を綴ってみた

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 地球のおへそと言えばオーストラリアのエアーズロック(ウルル)。神秘的でそそられますよね、あの岩。 でも、行くにはちょっと不便で高いのが玉に瑕。2019年1 …

アリススプリングス ダーウィン (1)

アリススプリングスからウルル経由でダーウィンへの旅(目次) 

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 先日、エアーズロック周辺からダーウィンまでのツアーの様子を記事にまとめたんですが、連続して書かなかったので記事が飛びまくり(笑) さすがに見にくいのでこの …

エアーズロックのサンセットがすごい 場所と時間を解説

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 夕焼けというものはどこで見ても心動かされるものですね。ビルの谷間に沈んでいく太陽もそれはそれはきれいですが、赤い大地の中で見るサンセットもオツなものです。 …

ぷろひーる

管理人のビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し10年越え。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
南の大陸からブリスベン・ゴールドコーストを中心にオーストラリア情報を発信中。
プロフィール詳細