暮らし

オーストラリアでの仕事の探し方 求人サイトや必要な物 面接の服装は?

投稿日:

オーストラリア 仕事

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。

オーストラリアに移住したら何らかの形で働くことになると思いますが、仕事探しは結構骨が折れます。(バイトはそこまででもないけど)

かく言う私もローカルのフルタイムの仕事をゲットするまではかなり手こずりました。経験、技術、英語力、コネが十分にあってビザもしっかり整ってれば引っ張りダコだったんでしょうけどね(笑)

今回はオーストラリアでのフルタイムの仕事の探し方、求人サイト、必要な物と面接の服装についてまとめてみました。

バイトの探し方は⇒⇒オーストラリアでのバイトの探し方&履歴書や面接の服装は?

スポンサーリンク

オーストラリアでの仕事の探し方

フルタイムの仕事を探すのはホントに大変で、半年以上ニート生活をした経験がある私。

仕事を見つけるために色んな方法を試しておりました。色んな人にアドバイスを貰いながらやっとフルタイムの仕事をゲットした時はマジで嬉しかったぁ。

探す方法は色々ありますが、私がトライしたこと&他の人がやっていた仕事探しの仕方をリストアップしてみたいと思います。

バイト探しと重なる部分もありますが、こんな風に探してる人が多いです。

・求人サイトで探す。

私も求人サイトから職を得ましたがほとんどの人がオンライン経由です。(詳しいサイト名は下に書きます。)

・働きたい企業のサイトで求人情報をチェック。

うちの相方がこの方法で転職しました。大きな企業や組織なら雇用情報が載ってる事も多いです。

メールで履歴書とカバーレターを送って、自分を売り込んでみてもいいと思います。

・実習から繋げる。

学校から実習に行くと人間性や仕事ぶりがわかってもらえるので職を得やすいです。

私は保育園で働いてましたが、実習後にパートで雇われてフルタイムに変わる人もいました。介護系でも割と多いです。

・その企業で働いてる友人・知人から紹介してもらう。

オーストラリアはコネ社会なので、すでにその会社で働いてる人に推薦してもらえると強いです。(その人が信頼されてればの話ですが・・・)

もちろん、その職場で働くのに必要な資格や技術を持ってる事が前提ですけどね。

・派遣会社に登録してみる。

「エリア名+recruitment agency」で検索すると派遣会社が出てくるので履歴書を送っておくと仕事を紹介してもらえます。

カジュアルでしたが、友達がこれで仕事を見つけてました。

・特技があればSNSで発信しておく。

ネイリストとかトリマーとかアート系の仕事をしていた人なら過去の自分の作品をSNSにあげておくと地元のショップの目に留まることがあります。

実際、それで声がかかって仕事を得た知人がいます。それだけ技術があるなら後で起業もできますしね。

スポンサーリンク

オーストラリアの仕事探しサイト

さっき求人サイトを使うといいと言いましたが、オーストラリア求人サイトで有名なのはこちら。

SEEK

Careerone

Indeed

Jobactive←政府系の仕事オンリー

Gumtree←オーストラリア最大のクラシファイドサイト

ちなみに私はSEEKで見つけました。私の周りはほとんどSEEKかCareeroneで見つけてます(笑)←聞き込み調査済み。

オーストラリアで仕事するのに必要な物

必要な物はバイトの時とほぼ同じですが、フルタイムとなると期限が決まってるワーホリビザや就労時間の制限がある学生ビザは不可の事も多いです。

永住権保持者やパートナービザなど永住権につながるビザを持っている人の方が圧倒的に有利になります。

ただ、学生ビザで週40時間以内で働いていた知人がその会社にスポンサーになってもらって永住権をとったという例もあります。

ええと、話を戻して・・・

就労可能なビザ以外は、

・必要な資格(働くのにそれが必要なら)
・タックスファイルナンバー(納税者番号)
・銀行口座
・スーパーアニュエーションの口座(なければ就職してから作れます。)
・履歴書(レジュメ)
・カバーレター(バイトの時と違って絶対あった方がいいです。)
・最低2人以上のレファリー(推薦人)(元職場やバイト時代の上司とか学校の先生、実習先の人など)
・英語力
・度胸

が必要。度胸はかなり重要かも(笑)

ローカルと違ってずっとオーストラリアで暮らしてきたわけではないのでレファリーに困る事は多いです。レファリーになってもらえそうな人には予め声をかけて協力してもらうのが◎。

面接後、人事担当者がレファリーに電話して応募者の仕事(勉強)ぶりや人物像を聞くので厄介です。←なんでこんな制度があるのかなぁ・・・。

オーストラリアで仕事 面接の服装は?

面接の服装は日本ならカチッとリクルートスーツのイメージですがオーストラリアはもう少し緩いです。

それと職種によります。

例えば、元職場の保育園に面接にくる人はパンツとシャツとか、パンツとセーターとか、ワンピースとかちょっとマシな普段着で来てる人も多かったです。

オフィスワークだと働いてる人がみんなスーツなのでスーツがベター。

ホスピタリティーだと黒系のユニフォームを着ている人も多いので働いてる人の装いに合わせてみるとスマートかなと思います。

スポンサーリンク

おわりに

オーストラリアでフルタイムの仕事を探すのは言葉と文化の壁のおかげで長期戦になる事も多いです。(時にはビザの関係)

ストレス貯まるんですが、息抜きしながらぼちぼちやって下さい。実際私も面接にも漕ぎ着けなかったものがほとんど(笑)ただ、決まる時にはスルッと決まるので大丈夫です!健闘を祈ります。

-暮らし
-,

執筆者:

関連記事

オーストラリア移住のデメリットってなんだろ?と振り返ってみた

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 おいおい、オーストラリアやばいんじゃね? うっわー、日本暮らしの方がよっぽどいいわぁ。 こう思った瞬間をとらえました(笑)移住してみて思ったオーストラリア …

クランペットのレシピと保存法 ミックス使いの簡単バージョンも

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 クランペットはイギリスのパンケーキの一種。オーストラリアでも普通にスーパーに並んでる定番商品です。 ただ日本でクランペットを販売してる場所はあまりない・・ …

英語 勉強

英語の勉強で挫折した話[頑張ったけど上手になりませんでした] 

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 「英語の勉強が続かない。勉強したのに海外で英語が通じない。」 過去の私はこのパターンでした。 今でこそ英語で暮らしてますが、勉強を始めた頃は挫折の連続。す …

アンザックビスケットの由来と作り方 そのお味はいかに?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 アンザックビスケットはオーストラリアの国民的クッキーでお土産としても人気です。それもそのはず、このお菓子にはオーストラリアの歴史が刻まれているんです。 今 …

英語 勉強

英語で日常会話ができるようになるための勉強方法[5つのポイント]

「英語を勉強してるんだけど話せるようにならないな…。」 1日数ページ分の単語と文法を覚えながらうんざりしている自分がいました。 「そりゃそうだろ!」と今の自分ならツッコミを入れられますが、 …

ビーンのプロフィール

こんにちは。ビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し15年。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
ブログを書きながら引きこもり生活中です。
プロフィール詳細