暮らし

オーストラリアのバイトの種類 時給と働くのに必要な物のまとめ

投稿日:2019年6月11日 更新日:

オーストラリアドル 両替

こんにちは。オーブリスベンに生息中のビーンです。

オーストラリアで仕事をする時ってアルバイトとかパートとか種類分けされてるの?時給ってどのくらいもらえる?バイトする時に必要な物って何がある?

今回はオーストラリアのバイトに関わるあれこれをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

オーストラリアのバイトの種類

オーストラリアの仕事には、フルタイム、パートタイム、カジュアルという種類があります。

日本でいうアルバイトに当たるのはカジュアルかパートタイムですが、ちょっと詳しく見てみましょう。

フルタイム

日本でいう正社員のようなもの。週38時間以上の就労が保障されていて、有給や病気、介護などの場合のパーソナルリーブという休暇も使えます。

有限のFixed Termと無期限のPermanentがあります。

パートタイム

日本でいうパート、アルバイトに当たるのがこれ。週38以下で割と安定した時間数働けます。有給やパーソナルリーブもフルタイムよりは少なくなりますが保障されてます。

有限のFixed Termと無期限のPermanentがあります。

カジュアル

日本でいうバイト。フレキシブルに好きな時に働けますが、有給やパーソナルリーブはなし。その分時給は上の2つより高いです。

バイトで見つけやすい職種としては・・・

・レストランのウェイティングスタッフ
・レストランのキッチンハンド
・フードコートのお店のスタッフ(ファーストフード店)
・カフェのバリスタやウェイティングスタッフ
・フルーツピッキング(ファーム)
・クリーニング
・お土産屋さんなどの小さなショップ

などなど圧倒的に飲食店が多いですが、専門学科に関連したバイトをしている人もいますよ。

ビザの関係もありますが、英語力がある方が応募できる種類が広がります。

スポンサーリンク

オーストラリアのバイトの時給

オーストラリアの時給は世界一とも言われるほど高額です。

毎年、年度初めの7月1日に最低時給が変更されますが、毎年少しずつ上がっていて・・・

2018年7月1日~2019年6月30日の最低時給はフルタイムで$18.93、カジュアルで$23.66。

これが2019年7月1日~2020年6月30日まではフルタイムで$19.49、カジュアルで$24.36となります!

さらに、時間外や休みの日の勤務は時給アップです。(実際そうじゃない所もありますが・・・)

※21歳以上の場合↑

年齢が21歳未満だったり、アパレンティスと呼ばれる見習い期間だとこれより低くなりますが、そうでなければこんなに高額です。

ただし、ここから税金が引かれて振り込まれるのでこの額より少なくなります。どれだけの率で税金を引くかは事業主によって違いますが、年度末のタックスリターン(確定申告)で払いすぎた分は戻ってきます。不足してたら払わされますけどね・・・。

あと、気をつけなきゃいけないのがセコイ事業主です。

雇い主によっては最低時給よりも低いお給料で働かせる所も。違法なのでお給料は現金で手渡し。(振り込みをすればわかるので)雇われてはいるものの、いない者扱いになってるのでスーパーアニュエーションも払われないし、タックスリターンもできません。不当に解雇されても文句の言いようがないし、次の仕事を探す時のリファレンスとしても使えません。

働き場がないとか、学生ビザだけどもっと働きたいとかいう人のニーズにつけ込んで不当な事をする事業主には気を付けて下さいね。

どちらかと言えば、移民系のお店の方がこういう事態が起きやすい傾向にありますが、面接の時にしっかり確認しておくといいですよ。

オーストラリアでバイトするのに必要な物

さて、オーストラリアでバイトするならこんなものが必要になります。

・就業可能なビザ

ワーホリビザとか学生ビザなど。職種によってはパーマネントビザが必要な事もあるので応募時にチェックを。

・タックスファイルナンバー

納税者番号のことでオーストラリアで収入を得る場合は必須。タックスリターンにも必要で事業主に提示を求められます。ネットで簡単に取れますが、届くまでに1~2週間ほどかかります。

・銀行口座

これがないと振り込めない。

・スーパーアニュエーション(積立年金)の口座

カジュアルでも18歳以上で月に$450(税引き前)以上の収入がある人や18歳未満でも週に30時間以上働いていれば事業主はスーパーアニュエーションを払う義務があります。

既に持っていれば事業主にそれを提示、バイトが初めてで持ってなければバイト先に聞いてで作ればOKです。

・ブルーカード

18歳未満の子供相手の仕事をするなら必要。持ってない時は職が決まってからとればOKです。

・RSA(Responsible Service of Alcohol)

レストランやカフェバーなどお酒を提供する場所で働く時は必須の資格。講習に行かないといけませんが数時間で取れます。

・その他資格

専門職に就くならそれに関連した資格は必要です。

・履歴書(レジュメ)

日本と同じで応募する時には必要ですよね。オンラインでアプライする場合がほとんどなのでパソコンで作ればOKです。

参考:オーストラリアでのバイトの探し方&履歴書や面接の服装は?

・英語力

職種によります。あるに越したことはないけど英語が苦手だからとあきらめる必要なし。

スポンサーリンク

おわりに

オーストラリアのバイトって時給も高いし、スーパーアニュエーションなどの保証もあるので、しっかりした事業主の所ならかなり働きやすいと思います。

オーストラリアに来てすぐバイトしようと思っているならネットで求人情報を見ておくといいかもしれませんね。それでは!

-暮らし
-,

執筆者:

関連記事

ブリスベン マーケット

ブリスベンのマーケットがおもしろい!お気に入りを並べてみた

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 オーストラリアに来たら町のお店で買い物するのも楽しいですが、マーケットに行ってみるのもおもしろいですよ!ローカルの暮らしぶりがわかるし、ユニークな物もいっ …

オーストラリア 賃貸

オーストラリアの賃貸の種類と家具付き物件 相場はいったい?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 食と同じで住宅事情も国によって違いますよね。それが賃貸だったとしてもそう。へぇ~、こんな風になってるんだ~と思うこともしばしばです。 オーストラリアの賃貸 …

DFOブリスベン

ブリスベンのアウトレット 空港近くのDFO紹介と行き方

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ブリスベンでアウトレットストアへ行きたい時はどこへ行けばいいのか? 実は、空港のすぐそばに便利なのがあるんですよ。目ぼしいブランドが入ってるかどうかはわか …

オーストラリア 医療

オーストラリアと日本の医療の違いとメディケア 医療費無料って本当?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 オーストラリアに移住するにあたって心配になるのがこの国の医療制度。一説にはオーストラリアの医療費は無料だぜなんて話もありますが実際どうでしょう? 日本とオ …

マウントグラバット・マーケットは穴場的な食のパラダイス

こんにちは!ブリスベンに生息中のビーンです。 ブリスベンでは週末を中心に沢山のマーケットが開かれます。大好きなのでよく行きますが、マーケットにも個性があるんですよね。ここはクラフト中心とか、ここは食べ …

ビーンのプロフィール

こんにちは。ビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し15年。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
ブログを書きながら引きこもり生活中です。
プロフィール詳細