留学

オーストラリア留学の持ち物 短期&長期の場合のまとめ

投稿日:

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。

オーストラリア留学の持ち物って、旅行の時とは少し違いますよね。まぁ、ホントに必要なものだけ忘れなければ現地でなんとかなりますが、到着早々不自由なのは嫌ですよね。

今回は留学の時に必要な物を書きだしてみたいと思います。

スポンサーリンク

オーストラリア留学の持ち物

持ち物にも絶対忘れられないものからそうでないものまで色々ありますよね。ということで重要度別にまとめていこうと思います。

<必需品>

・パスポート:有効期限もチェック。

・航空券:Eチケットも多いですが心配なら印刷した物があると安心。

・ビザ:ラベルは必要ないですが、ビザが下りた時の証明書が印刷してあると安心。

・クレジットカード:1枚はあると便利。ビザかマスターならほぼどこでも使えます。海外旅行付帯保険が付いていると3カ月ほどカバーされるケースが多いです。(補償内容は要チェック)

参考:海外でクレジットカードを使うメリット デメリットと注意点

・日本円:国内の交通費と両替用。(長期留学なら送金してあると思いますが)

参考:オーストラリアドルへの両替はどこがいい?日本円に戻す時は?

・オーストラリアドル:現地について両替する暇がない時、少額持っていると安心。(クレジットカード払いやキャッシングもできます)

スポンサーリンク

・入学許可証(CoE):メールで届いた学校の入学許可証は入国時にいることもあります。(稀に)

・海外旅行保険:OSHC(学生ビザ用の強制保険)ではなく、任意の旅行保険。なくてもいいけど、OSHCがカバーできない部分も保証してくれるので、あれば安心。

・国際免許:運転するなら必要。

・常用薬:普段使っている薬は必須。現地で処方してもらうこともできますが、同じ薬がない事もあります。いつも使っているものがあれば常備薬もあるといいですね。

・コンタクトレンズや眼鏡:使い捨てコンタクトレンズはオーストラリアからオンラインで買うこともできますが、しばらくの間使う分は持って行った方が◎。

<あった方がいい物>

・携帯:SIMフリーの携帯が便利。そうでなくてもwifiは使えます。目覚ましとしても使えるのであると便利。充電器もお忘れなく。

オーストラリアのSIMの買い方と周波数 アクティベートの仕方

・ノートパソコン:大学やTAFE留学の人は課題をするのに必須。短期の語学留学ならなしでもOK。

・電子辞書:スマホのオフラインアプリを使う事も可能。どちらにしても辞書は必須。(クラスでwifiが使えるとは限らないので)

・変換プラグ:日本はA型、オーストラリアはO型です。

オーストラリアのコンセントの形状 電圧と変圧器は必要か?

・カメラ:スマホで撮る人が多いけど、こだわりがあればぜひ。

・モバイルバッテリー:写真を撮りまくってるとすぐに充電が切れるので旅先であると便利。

・服・下着・靴下:ホームステイだと洗濯回数が少ないので1週間分あると安心。行く都市の気候に合わせて準備を。(長期の場合はシーズン毎に着れる服を数枚ずつ持っていった方が無難)

オーストラリアより日本の物の方が質が良くて安いので、持っていけるものはもっていた方がベター。(特に田舎に行く場合)

参考:ゴールドコーストの一年間の気温と服装

参考:ブリスベンのシーズン毎の気温と服装

・通学用のバッグ:ちょっとした旅行にも使えます。

・パジャマ:Tシャツでもなんでも。

・水着:現地にもかわいいものが沢山ありますが、手持ちがあるなら持って行くにこしたことはありません。

・靴:履きなれた靴とサンダルを持っていけば十分。オージーはビーチサンダル率が高いですが、これは現地で買えます。

・歯ブラシ:オーストラリアの歯ブラシはやたらデカいので持っていった方がいいです。(大都市ならダイソーもありますが嵩張るものでもないので。)

・身だしなみ品:櫛や爪切りなどは現地にも売ってますが、初日から使うものは日本から持って行った方が便利。

・スキンケア用品:現地にも色々売ってますが、日本と同じものはなかなか買えないし高いです。敏感肌の人は合うものを持っていった方が無難かも。

・化粧品:こっちにも売ってますが合う合わないがあるし、嵩張るものでもないので持っていった方が無難。

・生理用品:日本の物の方が質がいいし安いです。スペースがあれば最初の1、2か月分はあると便利。物がいっぱいなら現地調達で。

・部屋履き:土足生活なので自分の部屋だけでも部屋履きを使うと気持ちがいい。

・文房具:現地についてすぐ学校が始まると思うので、ペンとノート位はあると便利。

・折り畳み傘:こっちの折り畳み傘は重くて大きいものが多いので日本のコンパクト傘はなかなか使えます。

・バスタオルとタオル:ホームステイなら貸してもらえますが、海や泊まりで旅行に行くことも多いので1セットは欲しいところ。

・ホームステイへのお土産:コミュニケーションツール。

参考:オーストラリアのホストファミリーへのお土産アイデア

<現地で買えばいい物&いらないもの>

・ドライヤー:日本と電圧が違うし、現地で安いものなら$20位。短期ならホームステイの物で十分。

・ヘアアイロン:これも電圧が違うので現地で買った方がベター。

・変圧器:よっぽど使いたい日本の電化製品がある場合以外必要なし。

・サングラス:必須ですがオーストラリアの方が種類が豊富。

・ビーチサンダル:現地の方が種類が豊富。

・帽子:現地におしゃれな麦わら帽子が沢山あります。UV加工の折りたためるものなら日本から持参した方がベター。

・日焼け止め:現地調達できるし種類も多いです。サイズが大きいので短期なら日本から1、2個持って行けばいいかも。べたつくので、サラッとしたものが良ければ日本の物がベター。

参考:オーストラリアの日焼け止め 現地品と日本製の有無&持ち込みについて

・シャンプーや石鹸類:こだわりがなければ現地で。旅行用のトラベルセットを持っていけば現地で買うまでの数日はもちます。

 

オーストラリア短期留学の持ち物

1か月未満の短期留学の場合は一番大きなサイズのスーツケース1つで全てが収まると思います。服や日用品が少し多くなるくらいで、旅行の装備とそれほど変わりませんからね。

重量内に収まって、入れるスペースがあるなら、現地で買うより日本から持っていった方が無駄な出費も抑えられますよ。

帰りは学校のプリント類やお土産が増えるので、機内持ち込みサイズのバックパックもあると便利です。(旅行にも使えるし)

オーストラリア長期留学の持ち物

長期留学の場合は最大サイズのスーツケースとバッグパックでも足りないと思うので、あとから必要になった物を現地で買い足すか、家族に頼んで日本から郵送してもらうのがいいと思います。

最初から必要なものが多すぎるなら、ホームステイ先や現地のエージェント当てに送っておく方法もありますよ。

帰る頃にはさらに荷物が増えるので、いらないものは処分。それでもスーツケースに収まらなかったら別送品として日本に送る事になります。

スポンサーリンク

おわりに

留学する時にはあれもこれもと持っていきたくなりますが、重量制限と荷物の個数制限があるのでそうもいきませんね。ただ、ホームステイならその家庭にほとんどの物が揃ってるし、長期留学でシェアハウスに移るならその時に必要な物を買い足せばOK。

個人的に服やスキンケア系のものは日本で買った方がいいと思ってますが、日用品はどこでも買えるし、ダイソーもあるので($2.8だけど)現地で賄うことは可能です。

 

短期留学なら1か月分の身の回り品を持って行くのはそんなに大変ではないし、長期留学なら現地の物も使いながらうまくやっていけばいいと思います。それでは!

-留学
-

執筆者:

関連記事

短期留学した理由とメリット&デメリット~元留学生が語る戯言~

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 こんな理由で留学しちゃって大丈夫かな?短期留学なんて意味ないのかな?メリットよりデメリットの方が大きいのかな?こんな風にモヤモヤする方もいますよね。 でも …

オーストラリア

オーストラリアに留学したのはなぜ?都市選びと準備期間は?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 長期の語学留学をする時って国選びや都市選び、準備に結構時間がかかりますよね。私も社会人になってから語学留学とTAFE留学をしましたが色々迷いました。 今回 …

オーストラリア留学の良いところ&よくないところ 在住者が語る現地の実情

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 オーストラリアって留学やワーホリに向いてる? 私はオーストラリアで3回留学し、ワーホリもし、今は住み着いているわけですが良いところは沢山ありますよ!イマイ …

語学留学は英語ができないとヤバい?行く前の勉強法は?元留学生の戯言

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 留学したいんだけどさー、英語話せないんだよね。って言う人は割と多いですよね。私も一か月の短期留学の時はマジやばいレベルで行ってきました! でも、長期の語学 …

ブリスベンのシェアハウスの探し方 使えるサイトや相場は?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 留学やワーホリの時って経費を抑えるためにシェアハウスで生活することが多いですよね。でも、留学する前は探し方や相場の見当も付かない状態じゃないでしょうか。 …

ぷろひーる

管理人のビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し10年越え。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
南の大陸からブリスベン・ゴールドコーストを中心にオーストラリア情報を発信中。
プロフィール詳細