観光

海外でクレジットカードを使う時のレートと手数料& 計算方法

投稿日:

海外 クレジットカード

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。

海外でクレジットカードを使って買い物する時のレートや手数料ってイマイチ謎じゃないですか?結構色々上乗せされてるんじゃないの?と思っちゃいますよね。

ということで今回は海外でカードショッピングした時に適応されるレートや手数料、請求額の計算方法のお話です。

スポンサーリンク

海外でクレジットカードを使う時のレート

海外では外貨両替するよりクレジットカードで買い物する方が得だよ!なんて言われますがカード払いした後のプロセスって未知な世界ですよね。ちょっと探りを入れてみましょうか^^

まず、海外でクレジットカード払いした時に適応されるレートは、ニュースの最後でよくやってる為替相場と同じではありません。

その為替相場を元にカードの国際ブランド(ビザ・マスター・JCBなど)が独自に定めた基準レートが適応されます。

ご自分のカードにビザのマークがあればビザの基準レート、マスターならマスターの基準レートが使われるという具合です。

基準レート?なんか色々盛ってありそうだよね・・・なんて思っちゃいますが、カードブランドの基準レートは為替相場(ニュースの)とそれほど差がありません。

国際ブランド(ビザ・マスターなど)によって少し差があるため、どのブランドが一番得なのかがよく話題になりますが時期や通貨によっても違うので一概にどこがいいとは言えません。ただ、今の所JCBはレートも手数料もよく、ビザは少し落ちるなんて言われてますね。日々変化してるのでよくわかりませんけどね。

スポンサーリンク

海外でクレジットカードを使った時のレートはいつのもの?

今度はいつのレートが適応されるのか見ていましょう。

クレジットカードを使って買い物した日のレートが適応されるのかと思いきや実は違います。

ビザやマスターの場合は加盟店(カードを使ったお店)からの情報がビザやマスターの決済センターに届いて処理された時点のレートが適応。JCBの場合はJCBが加盟店に支払処理をした日のレート、アメリカンエキスプレスは決済センターに届いた前日のレートが使われます。

いずれにしても、数日のタイムラグがあるということですね。

海外でクレジットカードを使う時の手数料

海外旅行中クレジットカードで支払う場合は、海外事務手数料が加算されるのもお忘れなく。

海外事務手数料はカード会社(三井住友、楽天、イオンなど)が国際ブランド毎に設定した手数料です。(国際ブランドではなくカード会社に入る手数料)

カード会社によって1.3%~2.16%までの開きがありますが、今のところ

・ビザやマスターの事務手数料:1.63%
・JCBの事務手数料:1.6%
・アメリカンエキスプレスの事務手数料:2%

といった具合に設定しているカード会社が多いです。

この手数料が安い方が請求額も少ないということになりますね。気になる場合はご自分のカード会社の手数料をチェックしてみてもいいかもしれません。

海外 クレジットカード手数料の計算方法

基準レートの事はわかったし、海外地事務手数料の事もわかったけど計算方法は?

はい。請求額はこの式で求めることができますよ。

請求金額=利用額×基準レート×(1+海外事務手数料)

式を見るだけだとふーんで終わると思うので・・・ちょっと問題を出してみますね!頭を使って計算してみて下さい(笑)

<問題>

ビーンがアメリカ旅行中、手持ちの楽天カード(ビザ)で100米ドルの買い物をしました。
買い物記録がビザの決済センターで処理された時点のビザの基準レートは112円。楽天ビザカードの海外事務手数料は1.63%です。さて、ビーンが支払う額はいくら?

・・・・・そろそろ解けましたか?答えを書いていきますよ~。

<解答>

海外 クレジットカード 手数料

簡単でしたね♪←計算機があればの話ですが(笑)

これとは別に買い物するお店がクレジットカードを使う際の手数料を設けていることが時々あります。クレジットカードで少額を支払おうとした場合がほとんどですが、手数料が必要な場合は「○ドル以下の支払いには手数料○○」などとレジの所に書いてあります。

ちなみに、海外で買い物した場合でもクレジットカードのポイントが付きますよ。

スポンサーリンク

海外でクレジットカード利用時のレートと手数料のまとめ

最後にちょっとまとめてみました。

・海外でクレジット払いする時のレートは国際ブランド(ビザ・マスターなど)がそれぞれ定める基準レート(毎日変動)が使われる。

・買い物した日のレートでなく、国際ブランドで処理された日のレートが適応される。

・カード会社(楽天、三井住友など)が国際ブランド毎に定める海外事務手数料がかかる。

・基準レートのいい国際ブランド(日々変動)+海外事務手数料が安いカード会社の組み合わせが◎だが、基準レートは変動するから予想がつきにくい。

・海外でのショッピングでもポイントがたまる。(ポイント還元率はカード会社によりけり)

それでは!

-観光
-,

執筆者:

関連記事

ハーバータウン ゴールドコースト

ハーバータウン ゴールドコーストのお店とランチ場所 行き方のまとめ

ゴールドコースト最大のアウトレットモールと言えばHarbour Town(ハーバータウン)。ここはローカルからツーリストまで沢山の人に人気のショッピングスポットです。 昨日、年度末セールを目当てに行っ …

ストーリーブリッジクライム 登る時の予約の仕方と料金は?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ブリスベンのアトラクションの一つにストーリーブリッジクライムがあります。シドニーのハーバーブリッジが有名ですが、ブリスベンのも負けてませんよ!なんといって …

ゴールドコースト空港でSIMの購入やwifiレンタルはできる?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 旅先でもネット環境は欠かせないこの時代。現地の空港でSIMカードを購入したり、ポケットwifiをレンタルすることもあるかと思います。日本の大きな空港だと選 …

オーストラリアのお土産 男性ウケするアイテムはこんなもの

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 彼氏さんやお父さんなど男性へのお土産って結構ハードル高いですよね。ウケ狙い系ならお土産屋さんに沢山あるけど、気の利いたものとなると?今回は食べ物以外の男性 …

ニューファームパークinブリスベン&パワーハウスの魅力と行き方

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ブリスベンシティーから少し東へ行った所にあるNew Farm(ニューファーム)。ここは緑いっぱいの市民のオアシス「ニューファームパーク」や文化の拠点「パワ …

ぷろひーる

管理人のビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し10年越え。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
南の大陸からブリスベン・ゴールドコーストを中心にオーストラリア情報を発信中。
プロフィール詳細