観光

エアーズロックは登山禁止でも行く価値あり?行った感想を綴ってみた。

投稿日:2019年3月7日 更新日:

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。

地球のおへそと言えばオーストラリアのエアーズロック(ウルル)。神秘的でそそられますよね、あの岩。

でも、行くにはちょっと不便で高いのが玉に瑕。2019年10月26日から登山が全面禁止になるので行こうか行くまいか迷ってる方も多いかも。

時間と大金を使ってエアーズロックまで行く価値があるんでしょうか?行った感想を交えながらお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

エアーズロックへ行く価値は?

あなたが何に価値を置いているかわかればズバッとお答えできるんですが・・・あるともないとも言いにくいですね(笑)

赤い大地と雄大な自然に憧れてる人ならウルルを見た瞬間(いや、飛行機の中から)なんとも言えない興奮に包まれるでしょう。

でも、

ホントはショッピングやマリンスポーツの方が好きなんだけど連れが行きたがってるし・・・って人なら乾燥した大地の一枚岩は人が言うほど魅力的じゃないかもしれません。

ただですね、

エアーズロック(ウルル)の写真を見て、「あっ、行ってみたいかも」と思った人ならあの大地に降り立った時の感動はものすごいと思います。

だって、実物は写真で見るのの何百倍もすごいから。

エアーズロックだけじゃなくて、その周りの様子がまた鳥肌ものです。赤茶けた大地を横目に雄大な大地の中の一本道を駆け抜ける爽快感や空の大きさ、変わった動物達・・・

地球を感じる瞬間というか、時が止まった感覚と言うか全身からパワーがみなぎる感覚です。

価値を感じるかどうかは人それぞれですが、今迷ってる人なら行ってみてほしいな~と思いますね。

スポンサーリンク

エアーズロックは登山禁止でも楽しめる?

冒頭にも書きましたが、2019年10月26日からエアーズロックに登ることはできなくなります。

エアーズロック(ウルル)は先住民アボリジニー(アナング族)の聖地。ウルル・カタジュタ国立公園は1985年10月26日に政府からアナング族に返還されていたんですが、登山は許可されていました。

アボリジニ側からは登山禁止の要請がずっと出ていたわけですが、観光業との兼ね合いから突然禁止するわけにもいかず登山者を徐々に減らす政策が進められてきました。

そして今回、晴れて全面禁止!歴史的な瞬間です!

エアーズロック ウルル

「あんたは既に登ったからそんなことが言えるんだよね・・・」と言われそうですが、実は私も登ってません。

エアーズロックには2006年に行ったので、まだまだ登山できる時期でしたがその頃から聖域への登山は控えてほしいという呼びかけや張り紙がありました。

それに、ウルルの前に立ったらそれだけで十分だったし、荘厳すぎて登る気なんて完全に失せましたね。

登らなくてもウルルの周りを歩く約10kmのベースウォークは感動的!オレンジの岩肌と青空や草原の緑のコントラストは涙物だし、大昔のアボリジニの壁画も見れますよ。

エアーズロックの麓を歩く散策ルート

聖域だけに写真NGポイントがいくつかありますが、それを肌で感じられるだけでも行く価値あり。

所々、高い部分もあるのでウルルに登らずとも周りの景色を見渡すことができます。葉っぱのような形のトカゲとか珍しい野生動物に出会うのも楽しみの一つです。

アボリジニの文化に興味があればカルチュラルセンターも楽しいし、ほとんどのツアーに組み込まれているサンセットやサンライズ鑑賞も必見です。

エアーズロックへ行った感想

エアーズロックとその周辺はオーストラリアを旅した中のハイライトでした。

乾燥してるし、埃っぽいし、ハエが多いし、かなり野性的なツアーだったけど私の中では一番です。

前から行きたかったってのもありますが最高でしたね。実は苦手かもって思ってたらしい友人までが虜になったようです(笑)

エアーズロックだけでもいいですが、3日位かけてこの周辺のカタジュタ(風の谷)キングスキャニオンも見て回るのがおすすめ。ツアーも沢山出てますからね。

エアーズロックリゾートに泊まるのもいいですが、ワイルド好きな方はアリススプリングス発着で沢山出ているキャンプツアーもかなりおすすめですよ。

私が使ったのは現地のアドベンチャーツアーという会社のアリススプリングス発着ツアーでした。ジャリジャリ寝袋+自炊+毎日長時間ハイキングでしたがいい思い出です^^

レッドセンターと呼ばれるオーストラリアの内陸は非日常感にあふれ、色んな考え事が木端微塵に吹っ飛ぶほどの破壊力がありました。また行く気満々です。

スポンサーリンク

おわりに

エアーズロックはぜひ行ってほしいなぁ。できたら数日かけて回って欲しいなぁ。エアーズロックのサンライズとサンセットもホントに見てほしいなぁ。

他の都市回らなくてもいいからここで時間とって欲しいなぁ。(笑)できれば、ゆっくりハイキングのできるツアーがおすすめだなぁ。あ~、また行きたいなぁ。それでは!

-観光
-,

執筆者:

関連記事

ハービーベイ オーストラリア

ブリスベンからハービーベイへのバス 電車 フライトでの行き方

フレーザー島への玄関口ハービーベイ(Hervey Bay)。ここはホエールウォッチングでも有名なとても美しい場所です。 今回はぜひ行ってほしいハービーベイの場所とブリスベンからの電車やバス、飛行機を使 …

キュランダ鉄道

キュランダ鉄道の料金やスカイレールとの組み合わせ,停車駅を徹底解説

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 キュランダ高原列車は熱帯雨林に囲まれた街「キュランダ」へ行くための交通手段。キュランダ観光のハイライトの一つです。 今回は、この鉄道への乗り方や所要時間、 …

サウスバンク

ブリスベン観光 子連れでも楽しめるお遊びスポットはここ!

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 「ブリスベンで子供と一緒に楽しめる場所ってどこ?」 子連れだと行く場所に気を使いますよね。子供も楽しく遊べて大人も退屈しない場所。そんなスポットがベストだ …

カカドゥ国立公園 Kakadu national Park

カカドゥ国立公園キャンプツアー最終日 滝巡りからのダーウィン編

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 本日はダーウィン発国立公園ツアー3日目。アリススプリングスからダーウィンまで10日間のキャンプツアーの〆となります。(長い間お付き合いありがとうございまし …

コアラ

コアラの睡眠時間とよく寝る理由 好きな寝場所を探ってみた 

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 オーストラリアを代表する動物と言えばコアラですが・・・なんであの子たちあんなに寝てるの?と世界中の人が思ってるはず。あんな風に過ごしたいとさえ思う人もいそ …

ビーンのプロフィール

こんにちは。ビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し15年。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
ブログを書きながら引きこもり生活中です。
プロフィール詳細