観光

ブリスベンのお散歩コース 川沿いの景色と歴史的建造物が素敵な穴場

投稿日:

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。

ブリスベンの川沿いはほとんどの部分がボードウォークになっていてお散歩し放題!その中でもこのエリアは河口に近い雄大な景色と歴史地区の街並みが両方楽しめるとっておきのエリアです。

カフェやレストランも多い高級住宅街で他のエリアとは一味違った顔が見られますよ。それでは一緒にお散歩してみましょう!

スポンサーリンク

ブリスベンの川沿いのお散歩コースの穴場

エリアの名前はTeneriffe(テネリッフ)。ブリスベンシティーの東側にあり、ニューファームのお隣です。

Teneriffeはブリスベン川に面していて、川沿いにはきれいに整備されたボードウォークが♪

ボードウォークはTeneriffeのフェリー乗り場からニューファームのフェリー乗り場まで続き、往復すると約1時間位かかります。

ウォーキングやジョギング、サイクリングをしているローカルも沢山。そりゃー、これ最高のロケーションですから。

河口に近いだけにブリスベン川は海の様に広く見えるし、対岸の景色が遠い!フェリーだけでなく大きな船が乗り入れている時もあってかなり雄大な景色です。

景色が良すぎてリバーサイドに着いたとたんに「うっわぁ~きれい!!!」と言わずにいられません!

大きなデザイナーズマンションも立ち並んでますが、緑も多く場の風景に溶けこんでいるのもおもしろいところ。ボードウォークのあちらこちらに歴史にちなんだ展示もされてます。

眺めは夏でも冬でもトロピカル。この絶景に癒されること間違いなしですよ!

そして、おすすめはボードウォーク沿いにあるエンジンルームというカフェ。

昔の建物を改造したレンガ造りのカフェで、眺めは上の写真そのもの!お昼過ぎまでしかやってませんが、休憩するにはもってこいのカフェでお気に入りです。

スポンサーリンク

ブリスベンの歴史的建造物「ウールストア」

ボードウォークから一本中に入るとそこはウールストア街。といってもウールは売っておらず、一階部分がカフェやレストランなどのお店に改装されてます。(上の部分はユニット)

1880年台にヨーロッパからの移民が住みはじめた場所なのでヨーロッパな雰囲気。通りにレンガ造りの建物が並ぶ姿は圧巻です。

ウールの輸出が盛んだったこの辺りは20世紀に入ってどんどんウールストアが増えていったとのこと。煉瓦の建物の上を見るとウールストアの名前や何年に建てられたかも書いてあります。

南国を感じる植物が混じった並木道も素敵だし、カフェのアウトドア席でまったりするのも似合うエリア。さすがに高級住宅街だけあって、お高級なレストランも多いです。

Teneriffeへの行き方

洗練されたお散歩が楽しめるTeneriffeへのアクセスをご紹介しましょう。

まずはドカンとマップいきまーす。

マップ上、オレンジのラインがレンガ造りの建物街、青のラインが川沿いのボードウォーク。ボードウォークは見ての通りニューファーム・パークまで続いてます。

Teneriffeエリアにいく時一番わかりやすいポイントはTeneriffeのフェリーターミナル。

そこからスタートするのが一番わかりやすいと思います。

フェリーターミナルまではバスorシティーキャット(フェリー)を使うのが便利。

<バスの場合>

シティーから199番か60番に乗車。

「Commercial Rd at Teneriffe Ferry, stop 16」で下車ですがどっちのバスに乗っても終点なのでわかりやすいですよ。

乗車時間は15~20分。 両方とも約10分置きに出ているので便利です^^

参考:ブリスベンのバス路線図・時刻表・料金と乗り方を徹底解説

<シティーキャットの場合>

シティーの「Riverside Ferry Terminal」乗船→「Teneriffe Ferry Terminal」下船

所要時間は30分です。

参考:シティーキャットの乗り方・ターミナル・料金・時刻表

スポンサーリンク

おわりに

Teneriffeはガイドブックにものってないし、ブリスベンにいても知らない人が結構います。これだけ開けたリバービューとレンガ造りの建造物を一緒に見られるセレブエリアってあまりないのでおすすめですよ!

散歩で景色を楽しんだ後はカフェで読書なんていうのが似合う街です。それでは!

-観光
-,

執筆者:

関連記事

オーストラリアのコンセントの形状 電圧と変圧器は必要か?

こんにちは。オーストラリアに生息中のビーンです。 コンセントの形って同じ国もあれば違う国もある。誰がどう決めたのか興味深いところです。ここオーストラリアと日本はコンセントの形状も電圧も違うので、旅行す …

ブリスベンからモートン島への行き方とフェリー乗り場&ツアー情報

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ブリスベンから日帰りで行けるモートン島。世界第3位の砂の島(1位も2位もこの島の周辺だけど)で、面積の95%以上は国立公園が占めているという自然の宝庫です …

バイロンベイってどこ 見どころやアクティビティは何?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 バイロンベイ行きたーい。と年に何回か思いますが、あの地はローカルのリピーターも多い特殊な観光地です。ビーチカルチャーとヒッピー的な要素、スピリチュアルな雰 …

ブリスベン空港 SIM wifi

ブリスベン空港にSIMカードやwifiレンタルお店はある?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 とりあえず海外の空港についたら携帯が使えるようにしたい!このご時世スマホがないとホントに不便ですからね。 今回はブリスベン空港でSIMカードを買える場所、 …

リッチフィールド国立公園

リッチフィールド国立公園とメアリー川 ダーウィン発ツアー1日目

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 昨日までアリススプリングスからダーウィンまでの縦断バスツアーの模様をお届けしましたが、今日からはダーウィン周辺の国立公園ツアーです。 ダーウィン発でカカド …

ぷろひーる

管理人のビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し10年越え。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
南の大陸からブリスベン・ゴールドコーストを中心にオーストラリア情報を発信中。
プロフィール詳細