観光

オーストラリア旅行の持ち物 必需品と便利グッズをリストアップ

投稿日:2019年1月20日 更新日:

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。

オーストラリア旅行の時って何を持って行けばいい?

よくぞ聞いて下さいました(笑)日本とオーストラリアを往復すること早・・・何回か数えきれない私が、オーストラリアを旅する時の必需品とあったら便利なグッズをリストアップしてみました。

スポンサーリンク

オーストラリア旅行の持ち物

オーストラリアって言っても広いし、季節にもよるんですが、服装以外持っていくものってそんなに変わりません。一個ずつ見ていきましょう!

オーストラリア旅行の必需品

まずは必須アイテムをまとめてみました!

パスポート:有効期限もチェック。

イータス:オーストラリアの電子入国許可証。ネットで簡単に取れます。他に有効なビザを持っていれば別ですが、滞在日数にかかわらず全員必要。

海外旅行保険:医療費が高いので必須ですが、十分な補償内容のカード付帯保険があればそれでOK。

航空券の予約確認メール:フライトの変更がないかも確認。←特にLCCを使う場合。

宿の予約確認メール:自分で手配していなくても、旅行会社から渡されているはず。入国カード記入の時には滞在先の住所も必要です。

日本の保険証:日本国内移動中の病気や怪我に。

国際免許:オーストラリアで運転予定なら。日本の免許+翻訳でも運転できるけど、国際免許の方が安い。

スポンサーリンク

レンタカー予約の控え:レンタカーを利用するなら。

お金:豪ドルに変える場合は銀行や空港はレートが悪いので、街中の両替店がベター。

クレジットカード:オーストラリアはカード社会。VISAやMasterならほぼどこでも使えます。ただ、少額だと($10以下とか)、現金が必要なときもよくあります。

常用薬:いつも飲んでる(or塗ってる)薬はお忘れなく!

下着:日数分

衣類:日本と季節が逆なので注意。行く場所の旅行期間の気温をチェックして用意。
 
「Sydney Weather」「Brisbane Weather」などで検索すれば週間予報もチェックできます。

 一日の気温差が結構あるので、Tシャツ+アウターで調節がベスト。

参考:ゴールドコーストの気温と服装 春夏秋冬の現地レポートまとめ記事

歩きやすい靴:観光中よく歩くので。ブッシュウォーキングやエアーズロック方面を回る時も必須。

携帯:カメラ、目覚ましとして。wifiやSIMを使えばネットも使えます。(母のは使えないけど)

充電器:携帯、カメラ、タブレット、パソコンなど持ってくるものに合わせて。

変換プラグ:オーストラリアのコンセントはOタイプ。

参考:オーストラリアのコンセントの形状と電圧は?

歯磨きセット:ホテルにないことが多いです。機内ようにも便利。

スキンケアセット:化粧品など。ホテルにはないです。

ヘアケアセット:シャンプー、リンスはホテルにありますが、櫛は置いてないことが多いです。

UVケア用品:日焼け止め、サングラス、帽子など。←現地でも買えますが、あるなら持っていって下さい。こっちで日焼け止めを買うと大きいし、べとつきます。

参考:オーストラリアの日焼け止め 現地品と日本製の有無&持ち込みについて

生理用品:日本の物の方が質がいいです。

コンタクトレンズとケア用品or眼鏡:必要な人には必須。

オーストラリア旅行の便利グッズ

次に、あると便利だと思うよ~ってものをあげていきますね。

バックパック:ブッシュウォーキングやハイキングに出かける時は便利。街歩きにも。

モバイルバッテリーチャージャー:スマホで写真を沢山とる人は特に必要。


変圧器:←まずいらないけど100v~240vの電圧対応でない物を持ちこむ場合は必要。

モバイルwifi:現地でwifiを使いたい時は便利。

SIM:SIMフリー携帯なら現地のSIMが使えます。アマゾンでも売ってます。

参考:海外旅行はwifiかsimどっちがいい?メリットとデメリットから検証

カメラ:こだわりのある方。又はカメラのよくない携帯をお使いの方。

ペン:機内で入国カードに記入する時必要。

ビニール袋:着た服や、水着、お土産のワインなどを入れるのにも重宝。

常備薬:念のため。頭痛薬、胃腸薬、風邪薬など。

水着とバスタオル:泳ぐ人には必需品。

ラッシュガード:ビーチデーのUV対策に。

ビーチサンダル:ビーチで重宝。クイーンズランド州では普段使い。

雨具:念のため。アウトドアの時はレインコートの方が便利。

パジャマ:ホテルにありません。

室内スリッパ:ホテルにないので毎回欲しいと思う。

スマートカジュアルな服:オペラハウスで鑑賞するなどの予定があれば。

ポケットティッシュ:道で配ってないし、こっちのポケットティッシュは大きい。

ガイドブック:ネット検索できるならなしでOK。

パスポートの控えと証明写真:パスポートを失くした時にあると便利。(証明写真は現地でも撮れるけど)

クレジットカードの控え:これももしもの時に。

スポンサーリンク

おわりに

いっぱいあるように見えますが、パッキングしたら意外と余裕だと思います。帰りのお土産スペースも必要ですからね。機内で必要な物は機内持ち込み荷物に、現地でしか使わないような物は預け入れ荷物に。機内持ち込み荷物の液体制限にも気を付けて下さいね!

それでは!

-観光
-,

執筆者:

関連記事

ブリスベンのロッカーと荷物預かりは空港や駅にもある?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 旅行中あったら便利だなと思うもの。色々あるけど、ロッカーや荷物預かりも5本の指には入りますね。土地勘のない場所を重い荷物引っ張って歩くのは大変ですからね。 …

ブリスベンのウィンドミル 観光スポットに秘められた暗い歴史とは

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ウィンドミルはブリスベンの見所の一つ。この灯台のような粉ひき小屋はブリスベンの中で一番古い建造物なんです!ブリスベンの青空に映える素敵な外観。しかし、そこ …

ゴールドコースト空港のコインロッカーの場所・料金と使い方

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 わたくし御用達のゴールドコースト空港へようこそ! えっ? 空港に荷物置いて観光しに行きたいって? なるほど!それもありですね。 コインロッカーをお探しなら …

ゴールドコースト空港 ジェットスターのチェックインの仕方

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ジェットスターを使うようになってからはゴールドコースト空港常連になった私。 ちなみに私の家族や友人も毎回ゴールドコースト発着です(笑) この空港、チェック …

ブリスベンのサウスバンクパークランドの見どころと行き方

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 South Bank(サウスバンク)はブリスベンに来たなら絶対行ってほしいスポット。特にSouth Bank Parklands(サウスバンク・パークラン …

ぷろひーる

管理人のビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し10年越え。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
南の大陸からブリスベン・ゴールドコーストを中心にオーストラリア情報を発信中。
プロフィール詳細