暮らし

オーストラリアの日焼け止め 現地品と日本製の有無&持ち込みについて

投稿日:

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。

場所や季節にもよるけどオーストラリアの太陽は強い!夏冬関わらずジリジリくるこの感じ。紫外線指数も出るけど、夏のUVは特に半端ないです。

オーストラリアの紫外線は高いと有名なので、旅行や留学、ワーホリで来豪する時はちょっと気になりますよね。今回は現地の日焼け止め事情と日本製のものは購入できるか、日本から持ち込む時に注意することはあるかをまとめてみました。

スポンサーリンク

オーストラリアの日焼け止め 現地の物はこんな感じ

オーストラリアで日焼け止めは必需品。春夏秋冬毎日使うわけでもないですが、日差しが強い時やアウトドアの時はほぼ使います。

日焼け止めは英語でsunscreen(サンスクリーン)。Sun cream(サンクリーム) と呼ぶ人もいます。買える場所は、ドラッグストアやスーパー。日本同様色んなメーカーのものがありますよ。

よくおいてあるブランドはこんなところ。↓

・Banana Boat(一番上の写真。うちにあった物)
・Cancer Council
・Nivea
・Le Tan

種類は子供兼敏感肌用もあるし、クリームタイプ(一般的)、ロールオンタイプ、スプレー、虫除けとのミックス、オーガニックなど色々。

大きさはでかいものが多く、200ml~1Lが普通。家族で使うとか頻繁にビーチに行くなら消費できる量ですが、数日滞在で泳ぎもしないならかなり持て余す量です。値段はサイズに寄りますが10~20ドルの間位。オーガニックだともっと高くなりますけどね。

オーストラリアは紫外線が強いから日本の日焼け止めより強いのかと聞かれますが変わりなしです。UVA/UVB共に防いでくれるところは一緒だし(日本みたいにPA表記はありませんが)、SPF30~50が普通なのも同じ。

ただ、オーストラリア物の方が、べたつき、テカリ、香りが強いのは間違いない! 4時間程ウォータープルーフになっているものが多く、汗かきなオージーにはばっちりかも。泳ぐときにも安心です。

SPF50+でも2時間毎と泳いだ後には塗り直しと書いてあるので、皮膚がすぐに赤くなったり剥ける人は特にお気を付け下さい!

ちなみに現地で顔用の日焼け止め兼化粧下地のような物を買おうと思ったら、ドラッグストアかデパートに行った方がいいと思います。化粧用の物ならべたついたりテカったりしないので大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

オーストラリアの日焼け止めに日本製の物はある?

普通のスーパーやドラッグストアではあまり見かけませんが、Myer(マイヤー)やDavid Jones(デイビットジョーンズ)などのデパート内や免税店に資生堂やコーセー、SKIIなどのブランドが入ってます。お値段は3倍位しますがそこで調達することは可能。

ただ、庶民的なブランドはなかなか手に入りません。たまに日本の化粧品やシャンプーなどを並べたポップアップストアが開設されている時もありますが、毎回ではないので何とも言えません。

長期滞在の人なら通販でアネッサや雪肌精の日焼け止めも出てますが、お値段は倍額以上で送料もかかるので、現地の日焼け止めを使った方がいいような気がします。

オーストラリアに日焼け止めの持ち込みはできる?

短期の旅行だったり、肌に合うものを使いたい場合は現地調達よりも持ち込んじゃった方が早いですよね。

もちろん、日焼け止めは持ち込めます!

ただ、国際線の液体制限にひっかからない様にするのがコツ!

国際線に機内持ち込み荷物として持ち込めるのは、

・100ml(g)を超えない容器に入った物で、

・1L以下の透明ジッパーバッグに収まる本数

1Lの目安はマチなしの20cm×20cmの袋で、透明でないものはNG。ひっかかると没収になるので気を付けて下さいね!

手っ取り早く預け入れるスーツケースに入れておけば何の問題もないですけどね。(化粧品類は計2L/2kg以下の規定あり。)

普通に自分で使う分の日焼け止めなら申告はいりません。商用で大量に持ち込む場合は申告が必要ですけどね。

スポンサーリンク

まとめ

日焼け止めは日本よりもべたついてテカる物が多いですが、現地でも購入出来ます。短期の場合はいつも使っている物を持ってきた方が早いですが、ビーチ三昧なら現地で200gのを一つ買ってもいいと思います。その他、サングラスや帽子、ビーチデーにはUV加工のラッシュガードもあった方がいいですよ。それでは!

-暮らし
-,

執筆者:

関連記事

オーストラリアの物価は高い? ゴールドコースト&ブリスベンで検証してみた

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 物価が高いとか、インフレだとかいろいろ言われているオーストラリア。 場所にもよるけどそれはその通り。これ日本だったらもっと安いぜ!っていうものはいっぱいあ …

ティムタムスラムスは2019年のオーストラリア限定味

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 おっ、ティムタムのニューバージョンが出てる!って気が付いたのがついこの間。 2018年のティムタムチルミーが記憶に新しいけど今回はどんな味だい? 早速、2 …

ゴールドコーストとブリスベンどっちが留学するのに魅力的?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 スポンサーリンク 留学先やロングステイ、移住先を決める時、どの都市にするかってかなり悩みますよね。私も留学前は毎日わくわく世界地図とにらめっこ(笑) オー …

オーストラリアのバーベキュー&ソース 公園のBBQ台の使い方も解説

オーストラリアのバーベキューと日本のバーベキューってかなり違います。日本が焼肉系ならオーストラリアって何系なんだろう?とてもズボラな感じがします(笑) 今回は、そんなオーストラリアのバーベキューの全容 …

オーストラリア移住のデメリットってなんだろ?と振り返ってみた

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 おいおい、オーストラリアやばいんじゃね? うっわー、日本暮らしの方がよっぽどいいわぁ。 こう思った瞬間をとらえました(笑)移住してみて思ったオーストラリア …

ぷろひーる

管理人のビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し10年越え。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
南の大陸からブリスベン・ゴールドコーストを中心にオーストラリア情報を発信中。
プロフィール詳細