観光

ブリスベンからモートン島への行き方とフェリー乗り場&ツアー情報

投稿日:2018年12月23日 更新日:

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。

ブリスベンから日帰りで行けるモートン島。世界第3位の砂の島(1位も2位もこの島の周辺だけど)で、面積の95%以上は国立公園が占めているという自然の宝庫。

シュノーケルや4WDドライブ、砂すべりやイルカの餌付けなどのアクティビティーも満載!島全体は地元の人に人気のキャンプスポットでもあります。

今回はブリスベンからモートン島への行き方とフェリー&フェリー乗り場、ツアー情報をお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

モートン島 ブリスベンからの行き方

モートン島は橋も何もかかってない島なので、フェリーかヘリコプターを使って行くことになります。ただメジャーなのはフェリー。観光の中心は島の真ん中付近にあるタンガルーマリゾートです。

自分の車を持ちこんでキャンプをするなら島全体を移動できますが、車なしでの観光ならフェリーが発着し、アクティビティーや設備が整ったタンガルーマが便利です

それでは、フェリーの事など詳しく見ていきましょう。

モートン島・ブリスベン間のフェリー

ブリスベン⇔モートン島のフェリーでツーリスト向きなのはTangalooma Island Resort Ferry。ブリスベンとモートン島を75分で結び、1日4便。大人80ドル。子供45ドル。0-2歳は無料です。フェリーだけの予約は電話ですが、宿と合わせたり日帰りのパッケージツアーにするならオンラインで予約可能です。

もし、自分の車も船に積んで移動したいのならMicatが便利。ブリスベンからモートン島までを90分で結び、忙しい時期は1日5便運航。需要が少ない時期は数が減ります。値段は車種にもよるので予約時に確認を。

スポンサーリンク

ブリスベンからモートン島へのフェリー乗り場

タンガルーマリゾート行のフェリー乗り場はHolt Street Wharf。

Tangalooma Island Resort Ferry Terminalとも呼ばれてます。わかりやすく地図で見てみましょう。↓

ブルーのフェリーのマークの所が乗り場。シティーの北側でブリスベン空港近くのPinkenba(ピンケンバ)というエリアになります。ブリスベン川の河口から出発です!

ただ、ここまで公共交通で行くのはすごく不便。シティーからならバスを2回乗り継いで、最寄の駅から約20分歩くことになります。一応、見てみたい人はトランスリンクのジャーニープランナーでチェックを。(地図も出てきます。)

ジャーニープランナーの見方はこちら。↓

ブリスベン・ゴールドコーストの交通アプリ&ウェブ検索法

見てお分かりのように公共交通は面倒ですよね。

でも、ご心配なく!

ブリスベンシティーの主要ホテルからフェリー乗り場までのシャトルバスが使えます。オンライン予約もできるので安心ですよ。↓

・ブリスベンの主要ホテル⇒フェリー乗り場の移動は8:45ピックアップ開始。大人片道$25 子供$20
予約はこちらから(英語)

・フェリー乗り場からブリスベンシティーへの移動は10:15/17:15/夜遅い便があり値段は上と同じ。
予約はこちらから(英語)

タクシーやUBERを使うならシティーから15~20分。料金予測を見てみたらUBERで35~45ドル位。ここまで車の場合は駐車場有で1日15ドル。1週間だと60ドルとなっています。(2018.12現在)

参考:モートン島のアクティビティで人気な物と現地予約は可能かどうかのまとめ

ブリスベンからモートン島へのツアーはある?

モートン島⇔ブリスベンのフェリー移動にイルカの餌付け、砂すべりやランチ、シュノーケルなどのアクティビティーがついたパッケージツアーも出ています。

先ほどフェリーの所で紹介したタンガローマリゾートの日本語版の日帰りツアーの所から検索、予約することができます。宿泊したい場合は宿の予約もできますよ。

あとは、ブリスベンのインフォメーションセンターにもモートン島のパンフレットがあるのでそこで予約してもらうことも可能。旅行会社のオプショナルツアー(なぜかゴールドコースト発がほとんどですが)があればそれをつけるのもありですね。

スポンサーリンク

おわりに

ブリスベンからモートン島までのアクセスはこんな感じです。タンガローマなら日帰りで十分楽しめるし、なかなかできない体験ばかりなので大いに楽しめます!ちなみに日焼け止めと水着、サングラスは必須ですよ~。それでは!

-観光
-,

執筆者:

関連記事

オーストラリアのお土産 男性ウケするアイテムはこんなもの

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 彼氏さんやお父さんなど男性へのお土産って結構ハードル高いですよね。ウケ狙い系ならお土産屋さんに沢山あるけど、気の利いたものとなると?今回は食べ物以外の男性 …

オーストラリア土産ばらまき用の小分けできるお菓子はこれ!

こんにちは、オーストラリアに生息中のビーンです。 いえーい!帰国ホリデーだ!!と言う時にまず考える事。 お土産。 いかにも日本人的ですが、何となくそんな義務感に駆られる(笑) でも・・・ ちょっとした …

ラミントン国立公園へのレンタカーでの行き方 駐車場と入場料は? 

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ゴールドコーストの内陸部にあるラミントン国立公園は太古のゴンドワナ多雨林群を見ることができるとっておきのスポット。この世界遺産の森にはウォーキングコースも …

リッチフィールド国立公園

リッチフィールド国立公園とメアリー川 ダーウィン発ツアー1日目

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 昨日までアリススプリングスからダーウィンまでの縦断バスツアーの模様をお届けしましたが、今日からはダーウィン周辺の国立公園ツアーです。 ダーウィン発でカカド …

エアーズロック キャンプツアー

エアーズロックのキャンプツアー 体験談を写真付きでまとめてみた

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 先回、エアーズロックのキャンプツアー 内容や料金 予約の仕方は?の記事を書きましたが、タイムオーバーで書き切れなかった体験記がこちらです。 3泊4日の工程 …

ぷろひーる

管理人のビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し10年越え。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
南の大陸からブリスベン・ゴールドコーストを中心にオーストラリア情報を発信中。
プロフィール詳細