観光

サーファーズパラダイスのロッカーと着替え ゴールドコーストのビーチ情報

投稿日:

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。

延々と続く真っ白なゴールドコーストのビーチ。そのままビーチへもうダッシュしそうですが、ちょっと待って♪貴重品やいらない荷物どうしましょ?ホテル泊ならいいですが、日帰りだとちょっと困ります・・・。着替えの場所もあるに越したことはないですよね。ということで、その辺の事をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

サーファーズパラダイスにロッカーはある?

ゴールドコーストには色んなビーチがありますが、一番有名で観光拠点でもあるのがサーファーズ。ここは、ビーチとショッピング、エンターテイメントとダイニングなど全てのバランスがいいので、いつも沢山の人で賑わってます。

さて、ここでお泊りの場合は必要な物だけ持ってビーチに繰り出せばいい!でも、そうじゃない時はロッカーが欲しい!ご安心ください。派手なロッカーがめちゃくちゃわかりやすい所にあります。(上の写真のロッカー)

コインロッカーはカヴィル・アヴェニューのビーチ側の端。有名なサーファーズパラダイスゲートの斜め前にあるのでわかりやすさ抜群です。(サーフィンレッスンやツアーデスクの隣です。)

お値段は24時間で↓

スモール:$6
ミディアム:$9
ラージ:$15

出し入れも自由なのがありがたい。現金でもクレジットカードやデビットカードでも支払え、ペイウェーブも使えますが、クレジットカードには2.5%のサーチャージがかかります。(2018.12現在)

タッチパネルでの操作は言語選択ができ、日本語も使用可能。安全のため監視カメラも設置されてます。派手なだけでなく意外とハイテクなロッカーですね。

スポンサーリンク

サーファーズパラダイスで着替えをするなら?

着替えですが、行きは水着を服の下に来て行くのがベスト!日焼け防止にもなるし水着の上にラッシュガードと短パン、女性ならカジュアルワンピもいいですね。あの辺りはみんなすごくラフな格好をしてるし、水着の上にタオルを羽織って歩いてるような人も沢山(笑)

足元はビーチサンダル!靴は着替えにくいし、砂が入るし、シャワーの時使えないのでやめた方がいいです。

問題は泳ぎ終わった後ですが、サーファーズパラダイスならエスプラネード沿いにいくつかトイレがあります。(上の写真)そこで着替える人が多いので割と混むし、中は暗くてそんなにきれいではないですが、一応候補の一つ。シャワーして、タオルドライした後、そのままラッシュガードなどを羽織ってショッピングセンターのトイレで着替えるのもありです。(カヴィル・モールのトイレを使ってる人もいます)

ちなみにシャワーは一番上の写真にのせたような物がビーチ沿いにいくつか設置してあります。水のみで石鹸類は使えませんが無料。サーファーズだけでなく、他のビーチにも設置してありますよ。あっ、オープンなので水着のままシャワーです(笑)

ゴールドコーストの他のビーチのロッカーは?

サーファーズはさすがに中心地なのでロッカーがありましたが他はどうでしょう?

ブロードビーチ、メインビーチ、マーメイドビーチ、バーレーヘッズ、カランビンビーチ、クーランガッタビーチなどビーチは制覇してますが、ビーチ近くでロッカーを見たことってないんですよね。(サーファーズ以外)

でも、ブロードビーチの近くでよければPacific Fair Shopping Centre内にコインロッカーができました。

ハンドバッグサイズのSサイズからスーツケースサイズのLサイズまであって、お値段はこんな感じです。(2018.12)

 

0-4h 4-8h 8-12h 12-24h
Sサイズ $4 $6 $8 $10
Mサイズ $6 $8 $10 $12
Lサイズ $8 $10 $12 $14

この他は今のところないみたいです。ゴールドコースト空港にはありますけどね。(クーランガッタビーチやカランビンビーチなどへはバスですぐです。)↓

ゴールドコースト空港のコインロッカーの場所・料金と使い方

スポンサーリンク

おわりに

ブリスベン同様、ゴールドコーストもコインロッカーが少ないですね。ロッカーが必要な場合はサーファーズパラダイスが一番便利だと思われます。(ブロードビーチでもいいけど)着替えはどのビーチでもなんとかなるのでそんなに心配することはないと思いますよ。それでは!

-観光
-,

執筆者:

関連記事

オーストラリア土産ばらまき用の小分けできるお菓子はこれ!

こんにちは、オーストラリアに生息中のビーンです。 いえーい!帰国ホリデーだ!!と言う時にまず考える事。 お土産。 いかにも日本人的ですが、何となくそんな義務感に駆られる(笑) でも・・・ ちょっとした …

ニューステッドハウスinブリスベンは川の合流点にある絶景パーク

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 川の街ブリスベンには沢山の絶景スポットがありますが、歴史を感じるNewstead House(ニューステッドハウス)もその一つ。ブリスベン川沿いに広がる緑 …

オーストラリアのお土産におすすめ 女性に人気の在住者厳選9品

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 オーストラリアで女性向けのお土産を買おうと思ったら?お菓子系じゃなく、気の利いた一品を選びたい時は何がいいでしょう?今回は、私の経験も生かし女性が喜びそう …

ストーリーブリッジクライム 登る時の予約の仕方と料金は?

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ブリスベンのアトラクションの一つにストーリーブリッジクライムがあります。シドニーのハーバーブリッジが有名ですが、ブリスベンのも負けてませんよ!なんといって …

オーストラリアのお土産 男性ウケするアイテムはこんなもの

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 彼氏さんやお父さんなど男性へのお土産って結構ハードル高いですよね。ウケ狙い系ならお土産屋さんに沢山あるけど、気の利いたものとなると?今回は食べ物以外の男性 …

ぷろひーる

管理人のビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し10年越え。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
南の大陸からブリスベン・ゴールドコーストを中心にオーストラリア情報を発信中。
プロフィール詳細