観光

ブリスベンのウィンドミル 観光スポットに秘められた暗い歴史とは

投稿日:

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。

ウィンドミルはブリスベンの見所の一つ。この灯台のような粉ひき小屋はブリスベンの中で一番古い建造物なんです!ブリスベンの青空に映える素敵な外観。しかし、そこからは想像できないような暗い過去も・・・。今回はちょっとしたトリビアも含めながらウィンドミルについてとそこまでの行き方をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

ブリスベンのウィンドミルとは

ブリスベンシティーのすぐ北側にあるウィッカムテラス。キング・エドワード・パーク、ウィッカム・パーク、ローマ・ストリート・パークランドと大きな公園が並ぶ並木道に突如現れるのがこのウィンドミル。

本名は「Old Windmill(オールドウィンドミル)」。流刑時代の囚人たちによって建てられた風力を利用した粉ひき小屋でその後は観測所(Observatory)に変更されてます。

一見何の変哲もないタワーですが、1828年の末から稼働を始めたウィンドミルはオーストラリアに現存する風車としては最古の物。そして現存する囚人建築としてはクイーンズランド州で一番古いものだそうです。

外から見るだけなので観光に時間はかかりません。歴史を知らないとタワーがあるね~。写真パチリ♪で終わるんですが、へたに説明書きを読むと妙に重い感じがするような・・・(汗)

実は、ゴーストツアーのコースにも入ってます。

スポンサーリンク

ブリスベンのウィンドミルの歴史

囚人によって建てられたって所からして、過酷な労働だったんだろうなという予想はつきます。でも、このウィンドミルにはさらに暗い過去があるんですよ。

作ったはいいけど、しっかりした設計がされておらず風があまりふかない所に作ってしまったという誤算。完成しても風車が動かなかったんです。それが悲劇の始まりでした・・・。

本来なら風力で動かすものを囚人達を使って動かすことに。14時間ぶっ続けで重い車を回し続けなければならなかった囚人たち。石造りの激悪な環境での重労働。悲惨極まりない状況だったのは容易に想像がつきますね。

懲罰が行われることもしばしばで囚人たちに恐れられていたようです。歴史を振り返ると人間の恐ろしさにびっくりしますよね。

その後、本格的にヨーロッパからの一般移民が流入するようになってからは、粉ひき小屋ではなくシグナルステーション兼観測所として活躍することに。

1934年にはこのタワーを使って南半球初のテレビ放送実験に成功。歴史に残る画期的な実験だったそうですよ。

そして、今はブリスベンの観光名所となっております^^

ブリスベンのウィンドミルへの行き方

ウィンドミルの場所を地図で見てみましょう。

ウィンドミルへはシティーのセントラル駅から徒歩10分ほど。急な坂が多いのでいい運動になります(笑)エドワード・ストリートの坂を上るとキング・エドワード・パークに出るのでその中を突っ切ってすぐ。

平日なら10分間隔の無料バス「スプリングヒルループ」を使うと楽々。「Windmill Stop134」のバス停下車すぐです。(地図上の紫のバスマーク)バスはぐるっと回るので歩いた方が早いですが、歩くと坂がきついので時間がある時には便利。

無料バスのバス停やルートなどの詳細はこちらにまとまってます。↓

ブリスベンの無料バスルートと時刻表

スポンサーリンク

おわりに

なかなか波乱万丈な運命をたどったウィンドミルですが、今はクイーンズランド州の文化財になって歴史を伝えています。観光スポットと言っても10分もあればいいので、ローマ・ストリート・パークランドと合わせて散策するといい感じです。それでは!

-観光
-

執筆者:

関連記事

シドニー 空港から市内 アクセス

シドニー空港から市内へのアクセス一覧 時間と値段も解説

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 シドニー空港からシドニー市内までの移動方法をお考えですか? シドニー空港から中心部への主なアクセスは電車、シャトルバス、タクシーと送迎サービス。ここではそ …

コアラ 抱っこ

コアラ抱っこの場所はオーストラリアでも限られてる![OKなのはここ!]

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 コアラの故郷であり、世界で唯一コアラ抱っこができる国と言えばオーストラリア。 でも、その内禁止になるのではという噂もありますよね。 今回は オーストラリア …

ゴールドコースト ビーチ

ゴールドコーストのビーチ 泳ぐ時期やシャワーと荷物について

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ゴールドコーストのきれいな海を見たら絶対海に浸かってみたくなること間違いなし。でも、どの時期なら泳げるかとかシャワーや荷物はどうするのかが気になるところで …

レッドクリフ Redcliffe

レッドクリフ オーストラリアの見どころと地図 行き方のまとめ

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ブリスベンとサンシャインコーストの中間に位置するレッドクリフ(Redcliffe)はちょっとドライブに出かけるのに絶妙なスポット。 綺麗な海と夕日に映える …

スプリングブルック国立公園へ個人で行く時の行き方と駐車場

こんにちは。ブリスベンに生息中のビーンです。 ゴールドコーストのオプショナルツアーでも有名なスプリングブルック国立公園。特にナチュラルブリッジや土ボタルは有名ですね。 ここへ個人で行きたい時はどうすれ …

ビーンのプロフィール

こんにちは。ビーンです。
オーストラリアのブリスベンに生息し15年。
旅と自然をこよなく愛す自由人。
ブログを書きながら引きこもり生活中です。
プロフィール詳細